みみずく先生の妖怪博士見習い日記 TOP  >  アート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

曖昧☆ふともも写真館@浅草橋TODAYS GALLERY STUDIO~ふとももの魅力をアートとして表現する写真展~

東京都浅草橋にある「TODAYS GALLERY STUDIO」では、オープン1周年を記念して、2015年7月3日(金)から7月12日(日)まで「曖昧☆ふともも写真館」を開催。ゆりあ氏が撮り続けたふともも写真が200点以上展示された。

曖昧☆ふともも写真館@浅草橋TODAYS GALLERY STUDIO~ふとももの魅力をアートとして表現する写真展~

私は最終日に「曖昧☆ふともも写真館」を訪れた。開場と同時くらいに到着したのだが、既に入場制限があり、5分程度待ってからの入場だった。人気イベントの最終日は混雑することを身をもって実感した。

会場内は見渡す限りのふともも、フトモモ、太腿……。日常生活ではじっくり鑑賞できないふとももが至るところに掲げてあり、初めて観る人は一瞬戸惑うのではないか?女子高生やOLを盗撮しているような背徳感を抱く人もいるかもしれない。しかし、そんなどうでもいい思いはあっという間に消えてしまう。何人ものふとももを眺めているうちに「ふとももって素晴らしい!」と心奪われてしまうからだ(笑)

曖昧☆ふともも写真館@浅草橋TODAYS GALLERY STUDIO~ふとももの魅力をアートとして表現する写真展~
曖昧☆ふともも写真館@浅草橋TODAYS GALLERY STUDIO~ふとももの魅力をアートとして表現する写真展~
曖昧☆ふともも写真館@浅草橋TODAYS GALLERY STUDIO~ふとももの魅力をアートとして表現する写真展~
曖昧☆ふともも写真館@浅草橋TODAYS GALLERY STUDIO~ふとももの魅力をアートとして表現する写真展~

制服に私服、OLスーツ、競泳水着、レインコートなど、さまざまなコスチュームからふとももがのぞく。そんなふとももは、自然を散策したり、プールサイドでくつろいでいたり、もう少しでパンチラになりそうだったり……あらゆるシチュエーションで鑑賞者の目をくぎ付けにし、時に想像(妄想?)をかき立てる。ゆりあさんは、あえて被写体の顔を写さない。視覚的インパクトの強い顔を排除することで、ふとももの魅力を最大限に引き出しているのだ。アングルや光の使い方など、写真撮影の勉強にもなる作品ばかりだった。

曖昧☆ふともも写真館@浅草橋TODAYS GALLERY STUDIO~ふとももの魅力をアートとして表現する写真展~
曖昧☆ふともも写真館@浅草橋TODAYS GALLERY STUDIO~ふとももの魅力をアートとして表現する写真展~

展示されているふとももは、いずれもふとももであるが故に魅力的なのだ。しかし、その魅力は多分にフェティッシュな要素を含む。露骨な性表現とも結びつきやすい身体部位だと言えよう。

そんなふともものイメージをゆりあさんは変えてくれた。黄色いアヒルが何匹も置かれたふともも、バスケットボールや三角定規とともにあるふともも、電話コードの絡まったふともも……写真の中のふとももは、学生やOLといった属性を付与されることで肉体固有の官能性を後退させ、アートとしての側面を露わにしたのだ。そこにあるのは「いやらしさ」ではなく「清々しさ」だった。

僕がゆりあさんと初めてお話ししたのはデザインフェスタvol.41のとき。「ふとももが本当にお好きなんですか?」という僕の質問に、「ええ、好きですね」と静かに応えたゆりあさん。その穏やかな口調や表情からは、ふとももに対する確固とした愛情が滲み出ていた。あのときゆりあさんから感じた熱意が写真一枚一枚から伝わってきた。

曖昧☆ふともも写真館@浅草橋TODAYS GALLERY STUDIO~ふとももの魅力をアートとして表現する写真展~

女性限定の「ふともも撮影」も行われていた。女の子たちは、他人のふとももを鑑賞するだけでなく、自らのふとももを被写体にするという貴重な経験を楽しんでいた。また、会場内は撮影自由であるため、来場者は自分の気に入ったふとももをスマホやカメラを撮影していた。来場者を巻き込んだ展示のあり方は、「ふとももを撮影する(される)のはちょっと……」というためらいを多くの人たちから払拭し、「ふともも写真」という新たなジャンルの浸透に大いに貢献したのではないだろうか?

曖昧☆ふともも写真館@浅草橋TODAYS GALLERY STUDIO~ふとももの魅力をアートとして表現する写真展~

会場では、7月17日発売の『ふともも写真館 制服写真部 ~夏~』を先行販売。午後には完売してしまった。

ふともも写真館 制服写真部 ~夏~
ふともも写真館 制服写真部 ~夏~ゆりあ

一迅社 2015-07-17
売り上げランキング : 2430


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ふとももを愛する人もそうでない人も楽しめる展覧会だった。ゆりあさんの今後のご活躍に期待したい。(了)

※「曖昧☆ふともも写真館」の写真は、フェイスブックのアルバムにて公開しています。ご興味のある方は以下をご覧ください。
https://www.facebook.com/media/set/?set=a.1462933644024471.1073741911.100009235471097&type=1&l=c5d5ed810e
スポンサーサイト
[ 2015年07月12日 17:00 ] カテゴリ:その他のイベント | TB(-) | CM(0)

絵葉書屋長崎堂個展「梅雨商い」イベント 男性緊縛&ペインティング&漫画テロトピアを語る@カフェ百日紅~長崎堂さん×エミさん×三和の人~

6月27日のじめじめ蒸し暑い午後、カフェ百日紅にて、絵葉書屋長崎堂個展「梅雨商い」イベントが開催された。イベントの内容は、男性緊縛&ペインティング&漫画テロトピアを語る――長崎堂さんのBLマンガ「橘さんの場合」が『漫画テロトピア』に収録されているので、それについて語りながら、緊縛された男性に絵を描きましょう、という趣旨だ。絵師は長崎堂さん、緊縛師はエミさん、緊縛モデルは三和の人(伝説のイケメンリーマン)の3人。

以前、ギャラリー新宿座でも、リーマン緊縛&フェイスペインティングイベントが開催された(そのときの模様はこちら→倒錯展 ライブ緊縛&フェイスペインティング 小川恵美さん×長崎堂さん×三和出版のイケメン社員さんによるリーマン緊縛@ギャラリー新宿座)ネット上にアップされた画像が凄まじい勢いで拡散していったくらい大好評なイベントだった。

あの3人が再びカフェ百日紅に集結!大いに盛り上がること間違いなし!

というわけで、今回の記事では、「梅雨商い」イベントの模様を紹介する。

男性緊縛&ペインティング&漫画テロトピアを語る



三和の人が椅子に腰かけた。彼は、付き添いの小姓さんに手伝ってもらって、着物姿をビシッと決めていた。背が高く、彫りの深い顔をイケメンさんが座ると、巫女服を着たエミさんが緊縛を開始。「梅雨商い」というタイトルにふさわしく、しっとりとした雰囲気の中、淡々と縄がかけられていく……わけがなく、相変わらずのエミさんトークが炸裂!

「三和出版には若い子♂はいないんですか?」
「23歳のその新入社員♂に対しては、何か感じないんですか?」

エミさんも長崎堂さんも、三和の人のBL事情に興味津々。「橘さんの場合」のような展開が三和出版で起こっていないか、全員が息を呑んで三和の人の言葉に耳を澄ました。が、残念ながら、三和の人には、そういう方面での色恋沙汰がないようだ。とはいえ、三和の人の若かりし頃の驚愕体験も明らかになり、観客は笑いの渦に包まれた(笑)

長崎堂さんも、穏やかな表情で、三和の人の顔の左側から首、左肩にかけて絵筆を走らせていく。

長崎堂さん「絵の具がアクリルなので、乾くとカパカパになるんですよ」
エミさん「カパカパ?アルパカ?」

コントのようなやり取りを交えながらも、三和の人の肌には美しい模様が着実に描かれていった。そして、完成した絵はこちら――

絵葉書屋長崎堂個展「梅雨商い」イベント 男性緊縛&ペインティング&漫画テロトピアを語る@カフェ百日紅~長崎堂さん×エミさん×三和の人~ 絵葉書屋長崎堂個展「梅雨商い」イベント 男性緊縛&ペインティング&漫画テロトピアを語る@カフェ百日紅~長崎堂さん×エミさん×三和の人~

実は、三和の人は、足の裏にも絵を描かれたのだ。足の裏という非常に敏感な部位を絵筆で刺激され、三和の人は苦悶(快楽?)の表情を浮かべながら、小刻みに体を震わせていた(笑)

完成した足の裏を見よ!!

絵葉書屋長崎堂個展「梅雨商い」イベント 男性緊縛&ペインティング&漫画テロトピアを語る@カフェ百日紅~長崎堂さん×エミさん×三和の人~
絵葉書屋長崎堂個展「梅雨商い」イベント 男性緊縛&ペインティング&漫画テロトピアを語る@カフェ百日紅~長崎堂さん×エミさん×三和の人~

足の裏をもアートに仕上げた長崎堂さんはさすがプロ!

僕「足の裏、いいですね!」
三和の人「足の裏だけ?」
僕「いえ、イケメンです!」

餌付けタイム



三和の人が着物を着換え、白い着物でビシッと決めてきた。彼の男らしさ・カッコよさを引き立てる着物である。そんな三和の人をエミさんが再び椅子に縛り付けた。

絵葉書屋長崎堂個展「梅雨商い」イベント 男性緊縛&ペインティング&漫画テロトピアを語る@カフェ百日紅~長崎堂さん×エミさん×三和の人~

目隠しをされる三和の人。これから何が始まるのか?

絵葉書屋長崎堂個展「梅雨商い」イベント 男性緊縛&ペインティング&漫画テロトピアを語る@カフェ百日紅~長崎堂さん×エミさん×三和の人~

餌付けタイムの始まりだ!

エロチカジャポネスクオーガナイザーのなおさんも餌付けに挑戦。「皮は剥かなくていい」とか「種が入ってる」とか、何かを暗示するようなワードが飛び交う中、三和の人の口の中にサクランボやブドウが入れられていく。羨ましいシチュエーションである(笑)

絵葉書屋長崎堂個展「梅雨商い」イベント 男性緊縛&ペインティング&漫画テロトピアを語る@カフェ百日紅~長崎堂さん×エミさん×三和の人~

小姓さんの餌付けはちんすこう。三和の人の口の中がパサパサになったところで、女性からのお水補給。

絵葉書屋長崎堂個展「梅雨商い」イベント 男性緊縛&ペインティング&漫画テロトピアを語る@カフェ百日紅~長崎堂さん×エミさん×三和の人~

こうして餌付けタイムも無事終了し、三和の人の縄は無事ほどかれたのだった。

おわりに



「緊縛」というと、性的なイメージを持っている方も多いのではないか?

しかし、長崎堂さん×エミさん×三和の人の緊縛イベントは実に「健全」(ある意味不健全だが(笑))で、笑いの絶えない楽しさがあった。同時に、長崎堂さんのアート制作の現場を間近で見られる貴重な機会でもあった。

同好の士が集うイベントなので、久しぶりの再会や新たな出会いもあって、僕は人との交流も楽しませてもらった。ここ数日引きこもり気味で沈鬱だったのだが、このイベントに参加したおかげで、じめじめした心がカラッと晴れ上がった。まさに「梅雨商い」!

笑いありアートあり出会いありの大人の遊びが、いつかどこかでまた開催されることを僕は願っている。(了)

・長崎堂さんのサイト:http://nagasakido.web.fc2.com/
・カフェ百日紅のサイト:http://medamadou.egoism.jp/hyakujitukou/
[ 2015年06月30日 11:15 ] カテゴリ:その他のイベント | TB(-) | CM(0)

デザインフェスタvol.41@有明東京ビッグサイト<その1>~マスク・仮面の世界~ペストマスク・ガスマスク・カラスマスク・プロレスマスク・狐面~

5月16・17日、有明の東京ビッグサイトでは、アジア最大級のアートイベント「デザインフェスタ」(通称「デザフェス」)が開催された。

41回目の開催となるデザフェスには、全国各地からアーティストさんが集い、オリジナリティー溢れる力作を展示販売。たくさんのお客さんが入場し、広い会場内は見渡す限り、人、人、人……。個性的な装いの出展者さんやお客さんも多く、ただ歩いているだけでも楽しかった。

僕がデザインフェスタへ足を運ぶのは4回目。イベントの雰囲気には慣れているとはいえ、今回は取材で入ったこともあり、慌ただしく会場内を歩き回った。その取材とは関係なく、個人的な趣味で交流させていただいた皆さんをこちらのブログでは紹介したい。

ペストマスク



デザフェスで一大勢力となっているアートジャンルといえば「マスク・仮面」。さまざまなモチーフのマスクが展示販売されているだけでなく、お客さんの中にもマスク着用者をちらほら見かけた。そんなマスクの中でも、狐面とペストマスクが特に人気のようだ。

狐面は皆さんもイメージできるだろう。一方、ペストマスクは、知らない人も多いのではないか?

17~18世紀のヨーロッパでは、ペスト(黒死病)患者を治療するために、専門のペスト医師を街が雇った。その医師たちが悪性の空気から身を守るために装着したのがペストマスクである。マスクには、香りのよいものを詰めるために、口を覆う部分にくちばしがついている。そのため、鳥の顔のような造形が特徴的である。

このペストマスクが、最近、スチームパンク界隈を中心に流行している。デザフェス会場内でも遭遇することが多かった。

デザインフェスタvol.41@有明東京ビッグサイト<その1>~マスク・仮面の世界~ペストマスク・ガスマスク・カラスマスク・プロレスマスク・狐面~

白と灰色の配色が印象的なペストマスクはRCOさん。妖店百貨展ではサイコロに扮していた方だ。

2日目、友人と4階を歩いていると、「みみずくさん、あそこに医者がいますよ!」と友人が指差した先には――

デザインフェスタvol.41@有明東京ビッグサイト<その1>~マスク・仮面の世界~ペストマスク・ガスマスク・カラスマスク・プロレスマスク・狐面~

白いペストマスクを着用したお嬢さん!
彼女は、デザフェス出展者のすずくれさんだ。ゴシックな衣装にシルクハット、歯車という、スチームパンクな雰囲気と見事にマッチしたマスクである。

ペストマスクに心惹かれる僕としては、ペストマスク人口が増えていることを心から歓迎したい。

ガスマスク



ガスマスクは、無機的な造形のインパクト、「息苦しさ」というフェティッシュな属性、閉塞感漂う現代社会の象徴などの理由から、写真などのモチーフとして人気がある。特に、女の子とガスマスクの組み合わせは、一つの潮流にすらなっているのではないか?

そんなガスマスクを個性的に装着していたのがこの方――

デザインフェスタvol.41@有明東京ビッグサイト<その1>~マスク・仮面の世界~ペストマスク・ガスマスク・カラスマスク・プロレスマスク・狐面~

デザイナー兼イラストレーターのクロはるさんだ。ガスマスク自体はときどき見かけるが、ウサ耳との組み合わせを見るのは初めて。思わず目が釘付けになってしまった。

お面のかしま屋



迫力ある狐面をつけているのは、お面のかしま屋さん。

デザインフェスタvol.41@有明東京ビッグサイト<その1>~マスク・仮面の世界~ペストマスク・ガスマスク・カラスマスク・プロレスマスク・狐面~

ブースには狐面を愛するお客さんがひっきりなしに立ち寄り、商品が完売してしまうくらい大盛況だった。ユニークな造形と丁寧な作り込みが人気の理由であろう。

丸岡共生電波塔



丸岡共生電波塔』ブースでは、モフモフカラスの九鴉様と白いマスク&セーラー服のとるまさんとお会いした。

デザインフェスタvol.41@有明東京ビッグサイト<その1>~マスク・仮面の世界~ペストマスク・ガスマスク・カラスマスク・プロレスマスク・狐面~

狐面・ペストマスクに続く第三勢力となるべくカラスマスクを展示販売中。

デザインフェスタvol.41@有明東京ビッグサイト<その1>~マスク・仮面の世界~ペストマスク・ガスマスク・カラスマスク・プロレスマスク・狐面~

精巧に作られたマスクをリーズナブルなお値段で購入できるのが嬉しい。僕は、イベントでカラスマスクをつけるのも有りだなぁ、と思った。今後の展開が楽しみなサークルだ。

マスク工房 マウンテントップ



迫力あるマスクがズラッと並ぶのは『マスク工房 マウンテントップ』ブース。

デザインフェスタvol.41@有明東京ビッグサイト<その1>~マスク・仮面の世界~ペストマスク・ガスマスク・カラスマスク・プロレスマスク・狐面~

デザインフェスタvol.41@有明東京ビッグサイト<その1>~マスク・仮面の世界~ペストマスク・ガスマスク・カラスマスク・プロレスマスク・狐面~

手前のプロレスマスクに加えて、顔面と喉とを覆う「面頬(めんぽう)」、着ぐるみの中の人が頭にかぶる「面下」など、他ではあまり見られない商品ばかり。「面頬は、スノボーでも使えますよ」とマウンテントップさんは熱く語った。そういう使い方もあるのかぁ、と僕は感心させられた。

仮面のバンビスター



凄まじい数の仮面が並んでいるのは『仮面のバンビスター』ブース。

デザインフェスタvol.41@有明東京ビッグサイト<その1>~マスク・仮面の世界~ペストマスク・ガスマスク・カラスマスク・プロレスマスク・狐面~

「仮面が好きで作っていたら、こんなに増えちゃったんです」と語るバンビスターさん。種類も大きさも豊富なブースは、眺めているだけでも楽しい。

デザインフェスタvol.41@有明東京ビッグサイト<その1>~マスク・仮面の世界~ペストマスク・ガスマスク・カラスマスク・プロレスマスク・狐面~

デザインフェスタvol.41@有明東京ビッグサイト<その1>~マスク・仮面の世界~ペストマスク・ガスマスク・カラスマスク・プロレスマスク・狐面~

本格的なヴェネチアンマスクから小さな狐面まで、好みや用途に合わせて、お気に入りの一品をきっと見つけられるはずだ。

おわりに



僕は現在、イベントで着るための仮装衣装を検討中だ。今回たくさんのマスクたちと出会えたことで、衣装選びの選択肢が増えた。一つ一つの作品を手に取りながら、「このマスクと合うのはどういう衣装だろう?」と想像してみるのも面白かった。

マスクや仮面は、普段の自分とは違う自分に変身するためのツールだ。もちろん、アート作品として鑑賞する楽しみもある。デザフェスに足を運んで、自分にピッタリのマスクを探してみてはいかが?(了)
[ 2015年05月28日 18:20 ] カテゴリ:デザインフェスタ | TB(-) | CM(0)
プロフィール

みみずく先生@妖怪博士見習い


管理人:みみずく先生@妖怪博士見習い

都内で家庭教師業を営むみみずく先生です。日ごろ、生徒さんや保護者様とお話ししながら、密かに妖怪文化の普及に努めています(笑)

現在、家庭教師業の傍ら、在宅ライターとしてのお仕事もしています。数社から継続して依頼を受けています。ライターとしての更なるスキル向上を目指し、不定期でこちらのブログも更新しています。

妖怪関係の記事や趣味の記事がメインですが、好きな人やお店等も紹介していくつもりです。エログロ・オカルト・アングラ・サブカル等、ちょっと過激な記事も紛れると思いますが、苦手な方はそういう記事を読み飛ばしてください。

ライターのお仕事を随時募集中です。ライターのお仕事に関するご相談は、以下のメールフォームからお願いします。

mailform


家庭教師関係の情報は、以下のブログをご覧になってください。

墨田区両国のプロ家庭教師みみずくの教育ブログ

最新記事
ツイッター

PR
検索フォーム
ブログランキング
ブログランキングに参加しています!是非クリックをお願い致します!

タグクラウド

QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。