みみずく先生の妖怪博士見習い日記 TOP  >  ケモノ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

コミティア112@有明東京ビッグサイト<その1>~可愛らしい動物の世界~睦見勇・和塔座・猫のひたい

5月5日こどもの日。都内のあちこちで様々なイベントが開催されている。そんなGW真っ只中のこの日、有明の東京ビッグサイトではコミティア112が開催された。

コミティア112

コミティアは、二次創作作品がメインのコミックマーケット(コミケ)とは異なり、自主制作作品の展示即売会である。僕は二次創作に興味が無い一方、オリジナリティー溢れる作品には目が無い。そんな僕にとってコミティアは鬼門である。フラフラ歩いているだけで、ついつい作品を購入してしまうからだ。会場にいるときは楽しい気分なのだが、帰りのゆりかもめで財布の中を見て青ざめるのは毎度のこと。そもそもコミティアに足を踏み入れてはいけない気がする(笑)

「コミティアに行きたい! vs コミティアに行くな!」という葛藤を経て、結局、僕は東京ビックサイトへ足を運んだ。今回も13時過ぎに会場入り。全てのブースを見て回ることは叶わず……。それでも、一眼レフカメラを持ち込み、仲の良い出展者さんを撮影しながら会場内を駆け抜けた。

ユニークな作品が目白押しのコミティアだが、今回の記事では、ケモノや動物を中心に紹介しよう。

まずは、前日のけもケット4でもお世話になったお二人から――

コミティア112@有明東京ビックサイト<その1>~可愛らしい動物の世界~睦見勇・和塔座・猫のひたい

コミティア112@有明東京ビックサイト<その1>~可愛らしい動物の世界~睦見勇・和塔座・猫のひたい

こちらは、睦見勇さんのブース。睦見さんが描くケモノ系の男の子は、絵本風の世界で活き活きと動き回る。子どもの頃に大好きだった絵本を思い出させる絵柄とストーリーとで、僕は睦見さんの作品を読みながら懐かしい気持ちになるのだ。

けもケット4で購入した新刊『ねことさかな その1』は、「えっ!?ここで!?」というシーンで「つづく 次号をお楽しみに!!」――この後の展開がとても気になるところだ。コミティアで購入した『Furry Works』では、睦見さんの絵を様々な角度から堪能できる贅沢な一冊。最後のページには一枚の絵が出来上がるまでの過程も収録されていて面白い。そして、『KENZENケモショタ本』は……はい、タイトルの通り、誰に見せても恥ずかしくない健全なイラスト集だった(笑)

コミティア112@有明東京ビックサイト<その1>~可愛らしい動物の世界~睦見勇・和塔座・猫のひたい

コミティア112@有明東京ビックサイト<その1>~可愛らしい動物の世界~睦見勇・和塔座・猫のひたい

こちらは、『和塔座』ブース。コミティアでは、ワトウさんの複製原画が、見やすい形で展示されていた。しっかり描きこまれた絵を原寸大で見ると、その緻密さに感嘆の溜息が出てしまう。
そもそも、僕が二次元のケモノに目覚めたのはワトウさんとの出会いがきっかけだ。そのワトウさんと2日連続でお会いできたのは光栄の極みだった。

僕は、今回の新刊『TRANSWONDER3』と、冬コミで買いそびれた『旅と楽器とイタズラな二人』をけもケット4で購入。『TRANSWONDER3』に描かれた男の子達は艶っぽく、コピック特有の色彩と相俟って、見る者をドキッとさせる美しさがある。ゲスト参加の海輝餅さんのイラストと対比してみるのも一興だ。『旅と楽器とイタズラな二人』は、天木さんのユニークな原作ストーリーと、ワトウさんのイラストとのコラボ。ワクワクさせられるファンタジーの世界観がそこにはあった。

目的のブースを訪ねた後は、時間の許す限り会場内を徘徊。お友達のブースや気になるブースを見つけて立ち止まることもしばしばだった。そんな中、可愛らしい猫グッズを発見!

コミティア112@有明東京ビックサイト<その1>~可愛らしい動物の世界~睦見勇・和塔座・猫のひたい

コミティア112@有明東京ビックサイト<その1>~可愛らしい動物の世界~睦見勇・和塔座・猫のひたい

こちらのブースは、『猫のひたい』さん。

コミティア112@有明東京ビックサイト<その1>~可愛らしい動物の世界~睦見勇・和塔座・猫のひたい

可愛らしいイラストとハンドメイド作品を制作するのは山田みどりさん。彼女の作品があまりにも可愛くて見入った後、「これは、ママンへのお土産にしなければならない!」という使命感に駆られてしまった。ママンには、帰省のとき、大変お世話になったからね。

というわけで、12ヶ月をモチーフにしたポストカードの中から、悩んだ挙句に3枚を選んだ。ハンドメイド作品も魅力的で、その中から母親が喜びそうな「猫×団子」のストラップを購入した。母の喜ぶ顔が目に浮かぶようだった。

僕のコミティア散策はまだ始まったばかり。この後、どんな出会いがあるのだろうか?(続く)
スポンサーサイト
[ 2015年05月06日 13:00 ] カテゴリ:コミティア | TB(-) | CM(0)

けもケット4@横浜大さん橋ホール~動物・獣人・ドラゴン・マスコット・版権・創作を含むケモノオンリーイベント

5月4日。初夏の暑さが肌にまとわりつくGWの午後、僕は、横浜の大さん橋に立っていた。カップルや親子連れで賑わう海辺の道を、僕は一人寂しく目的地・横浜大さん橋ホールへと向かった。ここでは、日本最大のケモノオンリーイベントが開催されていたからだ。

けもケット4

けもケットは、動物・獣人・ドラゴン・マスコットなど、広い意味での「ケモノ」をテーマにした即売会イベントで、大人から子どもまで入場できる全年齢対象のイベントだ。ただし、一部ではR-18作品も扱っているため、それらを購入希望の一般参加者は、入場の際に年齢確認&リストバンド着用を義務付けられる。R-18作品の扱いに細心の注意を払っている運営側の配慮に僕は好感を抱いたのだった。

けもケットは、大きく2つのエリアに分かれている。同人誌などの展示即売を中心とするサークルエリアと、着ぐるみさん達との交流や撮影を楽しむ着ぐるみエリアだ。

まずは、サークルエリアからご紹介しよう。

けもケット4では、総数352のサークルが出展した。現在はまだマイナージャンルに属する「ケモノ」だが、これだけの愛好者が一堂に会する状況からは将来の成長性がうかがえる。一部サークルは特に人気が高く、長蛇の列ができていた。

僕は、お目当てのサークルを目指して、会場の奥へと入っていった。僕がお会いしたかったのは、ワトウさんと睦見勇さん&風太さん。彼らの作品は、強い拘りの滲み出たアート作品である。一つ一つの絵に時間と情熱がかけられていて、それ故に、そこで描かれるケモノ系少年達は可愛らしく美しい。今回、それぞれのブースで新刊を購入させていただいた。戦利品を手に僕はニヤニヤしてしまった(笑)

※サークルエリアは撮影禁止だったので、過去のデザインフェスタで撮影させていただいた画像でそれぞれのアーティストさんをご紹介します。

・ワトウさんの作品
けもケット4@横浜大さん橋ホール~動物・獣人・ドラゴン・マスコット・版権・創作を含むケモノオンリーイベント

・睦見勇さんの作品
けもケット4@横浜大さん橋ホール~動物・獣人・ドラゴン・マスコット・版権・創作を含むケモノオンリーイベント

サークルエリアをぐるっと回った後は、いよいよ着ぐるみエリアで撮影開始!

着ぐるみエリアは、ケモノ系着ぐるみさんが日本中から集まっていた。モフモフした方々ばかりで、握手や抱擁をしていただくと、その肌触りがとても心地よく、ホッとさせられる安心感があった。着ぐるみ愛好家(観賞専門)の僕にはたまらない場所だった(笑)

次から次へと着ぐるみさん達が登場。僕は、彼らを一人残らず撮影しようと声をかけまくった。

けもケット4@横浜大さん橋ホール~動物・獣人・ドラゴン・マスコット・版権・創作を含むケモノオンリーイベント

けもケット4@横浜大さん橋ホール~動物・獣人・ドラゴン・マスコット・版権・創作を含むケモノオンリーイベント

これだけの着ぐるみさん達と出会える機会はそうそう無いだろう。一人一人モチーフが違うし、デザインにもユニークな工夫が凝らされている。見ているだけでも楽しい。

けもケット4@横浜大さん橋ホール~動物・獣人・ドラゴン・マスコット・版権・創作を含むケモノオンリーイベント

けもケット4@横浜大さん橋ホール~動物・獣人・ドラゴン・マスコット・版権・創作を含むケモノオンリーイベント

着ぐるみさん動詞の交流も盛んで、思わず頬が緩んでしまうシーンもあちこちで見られた。そうしたシーンを撮影しようと、周りにはカメラやスマホを構えた人達が輪を作っていた。コミケのコスプレエリアのような混雑はなく、皆でゆったり撮影を楽しもう、という雰囲気だった。心穏やかに撮影できるのが嬉しかった。

けもケット4@横浜大さん橋ホール~動物・獣人・ドラゴン・マスコット・版権・創作を含むケモノオンリーイベント

着ぐるみさん達の一挙手一投足が可愛い。「●●(着ぐるみさんの名前)が可愛過ぎてツライ!」とこぼしている方もいらっしゃったほどだ(笑)

僕は、欲しかった新刊を無事ゲットし、着ぐるみさん達とも沢山交流できた。けもケットに初めて参戦して、予想以上の成果を得られたことに感謝している。次回の開催にも期待したい。(了)

※けもケット4で撮影させていただいた着ぐるみさん達の写真は、フェイスブックのアルバムにて公開しています。ご興味のある方はこちらをご覧ください。→https://www.facebook.com/media/set/?set=a.1425731061078063.1073741873.100009235471097&type=1&l=d3e38e5d10
[ 2015年05月05日 11:00 ] カテゴリ:その他のイベント | TB(-) | CM(0)
プロフィール

みみずく先生@妖怪博士見習い


管理人:みみずく先生@妖怪博士見習い

都内で家庭教師業を営むみみずく先生です。日ごろ、生徒さんや保護者様とお話ししながら、密かに妖怪文化の普及に努めています(笑)

現在、家庭教師業の傍ら、在宅ライターとしてのお仕事もしています。数社から継続して依頼を受けています。ライターとしての更なるスキル向上を目指し、不定期でこちらのブログも更新しています。

妖怪関係の記事や趣味の記事がメインですが、好きな人やお店等も紹介していくつもりです。エログロ・オカルト・アングラ・サブカル等、ちょっと過激な記事も紛れると思いますが、苦手な方はそういう記事を読み飛ばしてください。

ライターのお仕事を随時募集中です。ライターのお仕事に関するご相談は、以下のメールフォームからお願いします。

mailform


家庭教師関係の情報は、以下のブログをご覧になってください。

墨田区両国のプロ家庭教師みみずくの教育ブログ

最新記事
ツイッター

PR
検索フォーム
ブログランキング
ブログランキングに参加しています!是非クリックをお願い致します!

タグクラウド

QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。