みみずく先生の妖怪博士見習い日記 TOP  >  緊縛

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

絵葉書屋長崎堂個展「梅雨商い」イベント 男性緊縛&ペインティング&漫画テロトピアを語る@カフェ百日紅~長崎堂さん×エミさん×三和の人~

6月27日のじめじめ蒸し暑い午後、カフェ百日紅にて、絵葉書屋長崎堂個展「梅雨商い」イベントが開催された。イベントの内容は、男性緊縛&ペインティング&漫画テロトピアを語る――長崎堂さんのBLマンガ「橘さんの場合」が『漫画テロトピア』に収録されているので、それについて語りながら、緊縛された男性に絵を描きましょう、という趣旨だ。絵師は長崎堂さん、緊縛師はエミさん、緊縛モデルは三和の人(伝説のイケメンリーマン)の3人。

以前、ギャラリー新宿座でも、リーマン緊縛&フェイスペインティングイベントが開催された(そのときの模様はこちら→倒錯展 ライブ緊縛&フェイスペインティング 小川恵美さん×長崎堂さん×三和出版のイケメン社員さんによるリーマン緊縛@ギャラリー新宿座)ネット上にアップされた画像が凄まじい勢いで拡散していったくらい大好評なイベントだった。

あの3人が再びカフェ百日紅に集結!大いに盛り上がること間違いなし!

というわけで、今回の記事では、「梅雨商い」イベントの模様を紹介する。

男性緊縛&ペインティング&漫画テロトピアを語る



三和の人が椅子に腰かけた。彼は、付き添いの小姓さんに手伝ってもらって、着物姿をビシッと決めていた。背が高く、彫りの深い顔をイケメンさんが座ると、巫女服を着たエミさんが緊縛を開始。「梅雨商い」というタイトルにふさわしく、しっとりとした雰囲気の中、淡々と縄がかけられていく……わけがなく、相変わらずのエミさんトークが炸裂!

「三和出版には若い子♂はいないんですか?」
「23歳のその新入社員♂に対しては、何か感じないんですか?」

エミさんも長崎堂さんも、三和の人のBL事情に興味津々。「橘さんの場合」のような展開が三和出版で起こっていないか、全員が息を呑んで三和の人の言葉に耳を澄ました。が、残念ながら、三和の人には、そういう方面での色恋沙汰がないようだ。とはいえ、三和の人の若かりし頃の驚愕体験も明らかになり、観客は笑いの渦に包まれた(笑)

長崎堂さんも、穏やかな表情で、三和の人の顔の左側から首、左肩にかけて絵筆を走らせていく。

長崎堂さん「絵の具がアクリルなので、乾くとカパカパになるんですよ」
エミさん「カパカパ?アルパカ?」

コントのようなやり取りを交えながらも、三和の人の肌には美しい模様が着実に描かれていった。そして、完成した絵はこちら――

絵葉書屋長崎堂個展「梅雨商い」イベント 男性緊縛&ペインティング&漫画テロトピアを語る@カフェ百日紅~長崎堂さん×エミさん×三和の人~ 絵葉書屋長崎堂個展「梅雨商い」イベント 男性緊縛&ペインティング&漫画テロトピアを語る@カフェ百日紅~長崎堂さん×エミさん×三和の人~

実は、三和の人は、足の裏にも絵を描かれたのだ。足の裏という非常に敏感な部位を絵筆で刺激され、三和の人は苦悶(快楽?)の表情を浮かべながら、小刻みに体を震わせていた(笑)

完成した足の裏を見よ!!

絵葉書屋長崎堂個展「梅雨商い」イベント 男性緊縛&ペインティング&漫画テロトピアを語る@カフェ百日紅~長崎堂さん×エミさん×三和の人~
絵葉書屋長崎堂個展「梅雨商い」イベント 男性緊縛&ペインティング&漫画テロトピアを語る@カフェ百日紅~長崎堂さん×エミさん×三和の人~

足の裏をもアートに仕上げた長崎堂さんはさすがプロ!

僕「足の裏、いいですね!」
三和の人「足の裏だけ?」
僕「いえ、イケメンです!」

餌付けタイム



三和の人が着物を着換え、白い着物でビシッと決めてきた。彼の男らしさ・カッコよさを引き立てる着物である。そんな三和の人をエミさんが再び椅子に縛り付けた。

絵葉書屋長崎堂個展「梅雨商い」イベント 男性緊縛&ペインティング&漫画テロトピアを語る@カフェ百日紅~長崎堂さん×エミさん×三和の人~

目隠しをされる三和の人。これから何が始まるのか?

絵葉書屋長崎堂個展「梅雨商い」イベント 男性緊縛&ペインティング&漫画テロトピアを語る@カフェ百日紅~長崎堂さん×エミさん×三和の人~

餌付けタイムの始まりだ!

エロチカジャポネスクオーガナイザーのなおさんも餌付けに挑戦。「皮は剥かなくていい」とか「種が入ってる」とか、何かを暗示するようなワードが飛び交う中、三和の人の口の中にサクランボやブドウが入れられていく。羨ましいシチュエーションである(笑)

絵葉書屋長崎堂個展「梅雨商い」イベント 男性緊縛&ペインティング&漫画テロトピアを語る@カフェ百日紅~長崎堂さん×エミさん×三和の人~

小姓さんの餌付けはちんすこう。三和の人の口の中がパサパサになったところで、女性からのお水補給。

絵葉書屋長崎堂個展「梅雨商い」イベント 男性緊縛&ペインティング&漫画テロトピアを語る@カフェ百日紅~長崎堂さん×エミさん×三和の人~

こうして餌付けタイムも無事終了し、三和の人の縄は無事ほどかれたのだった。

おわりに



「緊縛」というと、性的なイメージを持っている方も多いのではないか?

しかし、長崎堂さん×エミさん×三和の人の緊縛イベントは実に「健全」(ある意味不健全だが(笑))で、笑いの絶えない楽しさがあった。同時に、長崎堂さんのアート制作の現場を間近で見られる貴重な機会でもあった。

同好の士が集うイベントなので、久しぶりの再会や新たな出会いもあって、僕は人との交流も楽しませてもらった。ここ数日引きこもり気味で沈鬱だったのだが、このイベントに参加したおかげで、じめじめした心がカラッと晴れ上がった。まさに「梅雨商い」!

笑いありアートあり出会いありの大人の遊びが、いつかどこかでまた開催されることを僕は願っている。(了)

・長崎堂さんのサイト:http://nagasakido.web.fc2.com/
・カフェ百日紅のサイト:http://medamadou.egoism.jp/hyakujitukou/
スポンサーサイト
[ 2015年06月30日 11:15 ] カテゴリ:その他のイベント | TB(-) | CM(0)

デパートメントH 2099@鶯谷東京キネマ倶楽部 2015年3月~一鬼のこ氏のサイバーロープパフォーマンス~

3月のデパHでは、とても楽しみな演目が目白押しだった。一鬼のこ氏のサイバーロープパフォーマンスもその一つだった。

一鬼のこ氏は、1月のフェチフェス05でもパフォーマンスを披露された。その模様は『おーくぼんぼん』でも紹介され、「アートに近い」という評価を受けていた。そんな一鬼のこ氏のステージを、時間の関係上、僕は鑑賞できなかった。そのことをずっと残念に思っていただけに、3月のデパHが非常に待ち遠しかった。

さて、待ちに待った一鬼のこ氏のサイバーロープパフォーマンス!僕は、ドキドキしながらステージ前に張り付いていた(笑)

デパートメントH 2099@鶯谷東京キネマ倶楽部 2015年3月~一鬼のこ氏のサイバーロープパフォーマンス~

マッチョな男性4人が筋肉を見せつけている真ん中で、一鬼のこ氏は一人目の女の子を四角い器具に縛り付けていく。

デパートメントH 2099@鶯谷東京キネマ倶楽部 2015年3月~一鬼のこ氏のサイバーロープパフォーマンス~

女の子が蜘蛛の糸に絡め取られたようになったところでステージの照明が消えた。

デパートメントH 2099@鶯谷東京キネマ倶楽部 2015年3月~一鬼のこ氏のサイバーロープパフォーマンス~

ロープで吊り下げられて頭上高く昇っていく女の子――まるで捕えられた天使のようだ。

デパートメントH 2099@鶯谷東京キネマ倶楽部 2015年3月~一鬼のこ氏のサイバーロープパフォーマンス~


2人目の女の子は体中に輪を付けていた。彼女は笑顔を振りまきながら、一鬼のこ氏の緊縛に身を委ねるのだった。

デパートメントH 2099@鶯谷東京キネマ倶楽部 2015年3月~一鬼のこ氏のサイバーロープパフォーマンス~

デパートメントH 2099@鶯谷東京キネマ倶楽部 2015年3月~一鬼のこ氏のサイバーロープパフォーマンス~

デパートメントH 2099@鶯谷東京キネマ倶楽部 2015年3月~一鬼のこ氏のサイバーロープパフォーマンス~

光り輝きながら舞い上がる女の子がとても楽しそうだ。輪っかを装備した彼女は、無邪気に空中飛行を楽しむ女神さまといったところか。

デパートメントH 2099@鶯谷東京キネマ倶楽部 2015年3月~一鬼のこ氏のサイバーロープパフォーマンス~

地上に降りた女神さまは、筋骨隆々たるマッチョ達に連れて行かれた(笑)

デパートメントH 2099@鶯谷東京キネマ倶楽部 2015年3月~一鬼のこ氏のサイバーロープパフォーマンス~

デパートメントH 2099@鶯谷東京キネマ倶楽部 2015年3月~一鬼のこ氏のサイバーロープパフォーマンス~

最後の緊縛が始まった。一鬼のこ氏は女の子を縛ってフックに吊り下げる。闇の中に、蛍光色のロープと、女の子の羞恥を伴う表情が浮かび上がった。

デパートメントH 2099@鶯谷東京キネマ倶楽部 2015年3月~一鬼のこ氏のサイバーロープパフォーマンス~

デパートメントH 2099@鶯谷東京キネマ倶楽部 2015年3月~一鬼のこ氏のサイバーロープパフォーマンス~

宙に浮いた女の子に、一鬼のこ氏は、ピンクのロープを巻き付けていく。

デパートメントH 2099@鶯谷東京キネマ倶楽部 2015年3月~一鬼のこ氏のサイバーロープパフォーマンス~

デパートメントH 2099@鶯谷東京キネマ倶楽部 2015年3月~一鬼のこ氏のサイバーロープパフォーマンス~

デパートメントH 2099@鶯谷東京キネマ倶楽部 2015年3月~一鬼のこ氏のサイバーロープパフォーマンス~

美少女が悪魔の手の内に落ちて……そんなよくあるシチュエーションを僕は思い浮かべてしまった。一鬼のこ氏は、額に汗の玉を浮かべながら、真剣な面持ちでピンクのロープを操っていた。

デパートメントH 2099@鶯谷東京キネマ倶楽部 2015年3月~一鬼のこ氏のサイバーロープパフォーマンス~

頂上まで上り詰めた女の子は、もはやアート作品だった。その美しい光景に、僕は息を呑んでしまった、

デパートメントH 2099@鶯谷東京キネマ倶楽部 2015年3月~一鬼のこ氏のサイバーロープパフォーマンス~

3人の緊縛を終え挨拶をする一鬼のこ氏――4人のマッチョの中心に立ち、表情に達成感の色を滲ませていた。彼の緊縛ショーは、古典的な緊縛のイメージを覆すパフォーマンスで、まさに「ロープマジック」とでも言うべき新感覚のアート表現だった。僕は、美の生まれる瞬間に立ち会い、その世界観に魅了されてしまった。(了)
[ 2015年03月17日 15:00 ] カテゴリ:デパートメントH | TB(-) | CM(0)

倒錯展 ライブ緊縛&フェイスペインティング 小川恵美さん×長崎堂さん×三和出版のイケメン社員さんによるリーマン緊縛@ギャラリー新宿座

2月21日午後、ギャラリー新宿座において、。『倒錯展』の期間内イベント・ライブ緊縛&フェイスペインティングが開催された。緊縛師は小川恵美さん、絵師は絵葉書屋長崎堂さん、緊縛モデルは三和出版のイケメン社員さん(お名前を存じ上げているが、あえてこう表記する)だった。

リーマン緊縛ということで、会場は既に熱気に包まれていた。観客の熱い視線を浴びながら、小川さんが三和出版さんを縛っていく。

倒錯展 ライブ緊縛&フェイスペインティング 小川恵美さん×長崎堂さん×三和出版のイケメン社員さんによるリーマン緊縛@ギャラリー新宿座

緊張した面持ちの三和出版さん――それもそのはず、今回ショーを行なうお三方は、この日初めて顔合わせをしたのだ。

倒錯展 ライブ緊縛&フェイスペインティング 小川恵美さん×長崎堂さん×三和出版のイケメン社員さんによるリーマン緊縛@ギャラリー新宿座

しかし、数分も経つと、小川さんも三和出版さんも笑顔になった。小川さんが軽妙なトークで、会場内の雰囲気を明るく楽しくしたからだ。小川さんのお師匠さんでもある有末剛先生もいらしていて、愛弟子に叱咤激励のお言葉……ではなく、茶々を入れられていた(笑)

倒錯展 ライブ緊縛&フェイスペインティング 小川恵美さん×長崎堂さん×三和出版のイケメン社員さんによるリーマン緊縛@ギャラリー新宿座

倒錯展 ライブ緊縛&フェイスペインティング 小川恵美さん×長崎堂さん×三和出版のイケメン社員さんによるリーマン緊縛@ギャラリー新宿座

和気藹々とした雰囲気の中で縛られていく三和出版さん――僕は、シンとした空気の中で行われる緊縛をイメージしていたが、そのイメージを打ち砕く新鮮さに溢れたひとときだった。

小川さんが三和出版さんを縛り終えると、いよいよ長崎堂さんの出番だ。長崎堂ファンの一人として、僕は彼女の手の動きにジイッと見入った。

倒錯展 ライブ緊縛&フェイスペインティング 小川恵美さん×長崎堂さん×三和出版のイケメン社員さんによるリーマン緊縛@ギャラリー新宿座

倒錯展 ライブ緊縛&フェイスペインティング 小川恵美さん×長崎堂さん×三和出版のイケメン社員さんによるリーマン緊縛@ギャラリー新宿座

長崎堂さんが新品の筆で「筆おろし」をし、三和出版さんの顔半分に美しい紋様を描いていった。粛々と描く長崎堂さんだが、ご自身の宣伝については饒舌になるのだった(笑)その宣伝内容は以下の通りだ。

『漫画テロトピア』には長崎堂さんのマンガが掲載されていて、関連する個展が6月にカフェ百日紅さんで開催予定だ。長崎堂ファンは、是非足を運んでほしい。

倒錯展 ライブ緊縛&フェイスペインティング 小川恵美さん×長崎堂さん×三和出版のイケメン社員さんによるリーマン緊縛@ギャラリー新宿座

途中、三和出版さんは、小川さんに足まで椅子に括り付けられて、完全に身動きが取れなくなる。彼の黒いソックスが露わになり、「リーマンのソックスってイイよね~」といったフェティッシュな会話が交わされるシーンも(笑)

倒錯展 ライブ緊縛&フェイスペインティング 小川恵美さん×長崎堂さん×三和出版のイケメン社員さんによるリーマン緊縛@ギャラリー新宿座

倒錯展 ライブ緊縛&フェイスペインティング 小川恵美さん×長崎堂さん×三和出版のイケメン社員さんによるリーマン緊縛@ギャラリー新宿座

椅子に固定された三和出版さんの顔に、長崎堂さんが更に絵筆を走らせた。そして、完成したフェイスペイントがこちら――

倒錯展 ライブ緊縛&フェイスペインティング 小川恵美さん×長崎堂さん×三和出版のイケメン社員さんによるリーマン緊縛@ギャラリー新宿座

倒錯展 ライブ緊縛&フェイスペインティング 小川恵美さん×長崎堂さん×三和出版のイケメン社員さんによるリーマン緊縛@ギャラリー新宿座

長崎堂さんが三和出版さんの手にサインを入れてペイント終了。

倒錯展 ライブ緊縛&フェイスペインティング 小川恵美さん×長崎堂さん×三和出版のイケメン社員さんによるリーマン緊縛@ギャラリー新宿座

倒錯展 ライブ緊縛&フェイスペインティング 小川恵美さん×長崎堂さん×三和出版のイケメン社員さんによるリーマン緊縛@ギャラリー新宿座

最後に、椅子に固定された三和出版さんを取り囲んでの撮影タイム――

倒錯展 ライブ緊縛&フェイスペインティング 小川恵美さん×長崎堂さん×三和出版のイケメン社員さんによるリーマン緊縛@ギャラリー新宿座


カシャッというカメラ音が彼に降り注いだのだった。拘束されて沢山の人達に見られるという経験から、三和出版さんが新たな性癖に目覚めたとか目覚めなかったとか……(笑)

小川恵美さんと長崎堂さん、そして三和出版のイケメン社員さん、お疲れ様でした。とても楽しいひとときをありがとうございました!(了)
[ 2015年02月27日 07:00 ] カテゴリ:その他のイベント | TB(-) | CM(0)
プロフィール

みみずく先生@妖怪博士見習い


管理人:みみずく先生@妖怪博士見習い

都内で家庭教師業を営むみみずく先生です。日ごろ、生徒さんや保護者様とお話ししながら、密かに妖怪文化の普及に努めています(笑)

現在、家庭教師業の傍ら、在宅ライターとしてのお仕事もしています。数社から継続して依頼を受けています。ライターとしての更なるスキル向上を目指し、不定期でこちらのブログも更新しています。

妖怪関係の記事や趣味の記事がメインですが、好きな人やお店等も紹介していくつもりです。エログロ・オカルト・アングラ・サブカル等、ちょっと過激な記事も紛れると思いますが、苦手な方はそういう記事を読み飛ばしてください。

ライターのお仕事を随時募集中です。ライターのお仕事に関するご相談は、以下のメールフォームからお願いします。

mailform


家庭教師関係の情報は、以下のブログをご覧になってください。

墨田区両国のプロ家庭教師みみずくの教育ブログ

最新記事
ツイッター

PR
検索フォーム
ブログランキング
ブログランキングに参加しています!是非クリックをお願い致します!

タグクラウド

QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。