みみずく先生の妖怪博士見習い日記 TOP  >  ■記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

コミックマーケット88@東京ビッグサイト 1日目&2日目~コミケでコスプレイヤーの撮影に励む三十路のオッサン~

ここしばらく本当に忙しくて、こちらのブログも更新できていませんでした。おかげでFC2ブログに広告が表示されるわ、「みみずくさん、痩せたよね?」と久しぶりにお会いするお友達から言われるわ……でろくなことがありませんでした。忙しい原因は分かっているので、来年度以降仕事のやり方を大幅に変えようと思うのですが、それはそれとして、今年の課題としてこのクソ暑い夏を乗り切らなければなりません。暑さとストレスとでこれ以上ガリガリに痩せるわけにはいかないのです!

じゃあ、どうやってストレスを解消するのか?それはもうコミケに行くしかないでしょ!?

えっ、人混みが凄まじく、夏の暑さと人の熱気で灼熱地獄と化しているコミケに行くなんて無謀だって?

いやいや、そんなことはないですよ。確かにコミケへ行くと脱水症状を起こしかけたり、歩きっぱなしで脚が痛くなったりしますが、それ以上に得られるものがあるんです!いや、「得られるものがある!!」って信じたいんです。信じられなければ、お盆期間中にわざわざ東京ビッグサイトに行くわけないでしょ?つーか、行きたくねえよ!!

というわけで、日ごろのストレスを発散すべく、コミケの3日間はカメラ片手に東京ビッグサイトへ出張。今回の記事では、1日目と2日目の感想を書きます!!

ゆりかもめで『美術手帳』ボーイズラブ(BL)特集号を読む!



コミケといえば、「徹夜組」「始発組」という言葉が有名なほど、一般参加者(「お客さん」ではない)の熱意が半端ではないイベントです。どうしても欲しい同人誌やグッズがある一般参加者たちは、炎天下であるにもかかわらず、東京ビッグサイト前に長蛇の列を作るんですね。その光景をニュースなどで見ているだけでも暑苦しいの何のって……。そうした大混雑の交通整理を行う準備会スタッフの皆さんには頭が下がります。

かく言う僕は、特に欲しいものがあるわけでもなく、何時間も並ぶなんて耐えられないので、爽やかに重役出勤です。13時頃に会場入りできるように、12時頃に家を出るんですね。

ちょうどいい時間に出発したことが幸いしたのか、僕は、両国駅の近くで面白い男女の姿を目にします。いい年こいたオッサンが、彼女と思われる女性の肩をドンと押していたのです。彼は泣いていました。

「俺のことバカにすんなよ!」

この男女の間に一体何があったのでしょう?彼らはこのまま破局を迎えたのでしょうか?いやぁ、恋って本当に素晴らしいですね!コミケ前にいいものを見せてもらいました(笑)

そんな恋とは無縁な僕は、電車を乗り継いでコミケへと向かいます。その電車の中で読んでいたのが『美術手帖』2014年12月号です。天下の『美術手帖』が「ボーイズラブ(BL)」を取り上げた号です。「ボーイズラブ“ 関係性“の表現をほどく」というテーマで、こちら方面の大御所漫画家たちのインタビュー記事やBLに関する考察などが載っていて、読み物としてなかなか充実しています。

美術手帖 2014年 12月号
美術手帖 2014年 12月号美術手帖編集部

美術出版社 2014-11-17
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ゆりかもめの中で、表紙も何もつけていない『美術手帳』BL号を開き、お隣さんの目を気にしながら、中村明日美子先生や田亀源五郎先生のインタビュー記事を読む……何かゾクゾクしましたね。東京ビッグサイトに到着する前から精神的に消耗したわけですが、じゃあ、どうしてそんなのことをしたのかって?

そりゃあ、あんた!コミケといえばBLじゃないですか!二次創作の同人誌といえば「男×男」じゃないですか!!

……というわけで、電車の中で予習(?)をこなしつつ(と偉そうなことを言っていますが、実は居眠りしていた(笑))、予定通り13時頃に東京ビッグサイト着。会場は混雑していたものの待機列は無く、スムーズに建物内に入れました。

企業ブースってどこよ?



1日目は、とりあえず定番の東ホールまで足を運ぶみみずく先生。どこが何のジャンルでどこに誰がいるのか……そんなことを全く把握しないままの突撃!まあ、いつものことといえばそうですが、何が何だか分からないんですよね。まあ、分からなくても良くて、知り合いに出会って、そこで新刊が出ていれば買う、くらいの気持ちでホール内をウロウロ……

途中で鉄道系エリアに入り、右も左も鉄道系の同人誌ばかりが並んでいるものだから、鉄オタの●●君の顔が思い浮かんだりしたわけです。「コミケ=二次創作=興味ない」という固定観念を持っていそうな●●君を連れて来て、「ほぅら、君の大好きな鉄道がコミケにもこんなにあるんだよ!」と言ってあげたいですね!●●君をコミケデビューさせたいですね!

妄想を抱きながら、僕はブースをチラチラ見ながらどんどん進んでいきます。ぶっちゃけ、知り合いのブースが見当たらない限り、僕はコミケではほとんど買い物しません。さっきは散々「BL!」「BL!」言ってましたが、正直なところBLそれ自体に興味が無く、まして二次創作に至っては元ネタすら知らないので完全スルーです。買うとしたら、妖怪モノかフェチモノか好きな作家さんの作品くらいで、デザフェスやコミティアに比べると、財布の紐が緩まないのはありがたいです。唯一買ったのは、2日目に出展していたフドータカユキ先生の新作です。僕はフドー先生のファンだからねっ!!

というわけで、ホール内にいても基本的にはしょうがないわけですが、1日目はちょっと人に会う用事があったのです。その人のいるブース番号をメモっていたのですが、東ホールにその番号がない!!スタッフさんに確認したところ、「企業ブースですね」とのことでした。えっ、企業ブースってどうやって行くのよ!?

実は僕、コミケに来るのが2回目のド素人のペーペーなんですよ。去年の夏コミに初めて一般参加し、妖怪系同人誌を買ったり、初めてコスプレ撮影したりして、コミケに対する恐怖を払拭するのに一生懸命でした。「コミケは混雑がひどくて、トイレ待ちの列でウ●コを漏らしちゃう人がいるんですよ!」なんて噂を耳にしていたものですから、去年まではコミケに近づかなかった臆病者のみみずく先生。しかし、一回コミケの楽しさを知ってしまうとまた来たくなってしまうのが人情というもの。

「夏はコミケに行くんだよ!一眼レフカメラを持ってレイヤーさんを撮影してくるよ!」

そう宣言すると、「先生、変態!」と生徒に言われるくらいのオッサンが二回目のコミケ参戦。でも、企業ブースなんて一回も行ったことないわけですから、また新たな課題に直面するわけです。で、結局、企業ブースにはどうやって行くの?

デザインフェスタとは勝手が違っている会場にも大混乱。企業ブースのある4階直通のエスカレーターは関係者以外使用禁止。外をぐるっと回って行かなければならないらしいのだが、どこがどこやら……。それでも、親切なスタッフさんに道を教えてもらいながら、何とかかんとか4階の企業ブース着。道に迷ったために、15分くらい遅刻しましたが、無事に目的を果たしてホッとしたみみずく先生。これでようやくコスプレ撮影に臨めます!!

炎天下におけるコスプレ撮影のすゝめ



日によって、場所によって、混雑状況が異なるコスプレエリアをどう制するか?コスプレ撮影における重要な課題です。去年はコンデジでレイヤーさんを撮影していたんだなぁ……と過去に思いを馳せながら、今回僕は一眼レフカメラの重みを手にコスプレエリアを徘徊しました。

1日目・2日目ともに、まずは東トラックヤードへ。このエリアは人が少なく、好みのレイヤーさんを見つけると直ぐに撮影できるメリットがあります。特に人気だったのは、誘導員に扮したレイヤーさん……ではなく、本物の誘導員さんでした(笑)彼女は、「撮影させてもらっていいですか?」というカメラマンさんに、「それはちょっと……」と困惑した表情でした。そりゃそうでしょう。彼女は、撮影されるために立っているわけではないですからね。そんなちょっと面白い光景を眺めながら、1日目は東トラックヤードで何枚か撮影しました。が、2日目は見事に過疎っていて、かなり閑散としていました。

1日目・2日目とおぞましいことになっていたのは庭園コスプレエリア。東京ビッグサイト入り口前に設置されたこのエリアは、レイヤーさんと撮影したい人とが入り乱れて、それはもう灼熱地獄でした。1日目は何とか頑張って1時間半くらい撮影していましたが、2日目はあまりの混雑に30分でギブアップ!僕は、別のコスプレエリアへと移動しました。

2日目後半は、西ホール1階を突っ切って、駐車場に設置されたコスプレエリアへと足を運びました。このエリアも人が多くいましたが、広い場所だったこともあり、庭園コスプレエリアのような地獄感はありませんでした。歩くのに困難も無く、行きたい場所へスムーズに行けるのが良かったですね。ところどころで人だかりができていたのは人気レイヤーさんの撮影会。そういうところを横目に(ときどき撮影に混ざりながら)、僕は目当てのレイヤーさんを探していました。

そう、僕が撮影したいのは、面白系コスプレの皆さん!着ぐるみ系や特撮系も撮りたいっ!!

というわけで、そういう方々を中心に撮影させてもらいました。「可愛い女の子も撮影しよう」と思っていたのですが、面白系と可愛い子ちゃんが並んでいると、僕はフラフラッと面白系に行っちゃうんですよね。人間の本能って怖いですね(笑)

僕は基本的に元ネタが分からないので、そのキャラクターが何なのかはとりあえず置いといて、「これはっ!?」と思うレイヤーさんに声をかけまくりました。多くの撮影者は可愛い女の子に群がっているので、面白系のレイヤーさんは案外撮影しやすいのです。そのお得感も嬉しいですね。

面白系レイヤーさんを撮影して晒し者にしようとか、そういう目的はもちろんありません。純粋に、「人を楽しませるためにコスプレをする」という彼らの心意気と、そうしたコスプレの造形が好き過ぎて、とにかく記録しておきたいと僕は思うのです。ぶりぶりざえもんとか、ケムール人とか、もはや何だか分からないキャラクターとかが入り乱れてカオスな状態になっていて、ただ歩き回っているだけでも面白いんです、暑いけど。

面白系の撮影がメインでありつつも、可愛い女の子も撮影させていただきました。撮影したいために並んだり、レイヤーさんをグルッと囲むオジサマたちに加わったりと、女の子に対して積極的になってきた自分の成長を実感しつつ、「この積極性を普段の生活でも発揮すればいいのに……」と思ったり思わなかったり(笑)

撮影後は、レイヤーさんにお礼を言うとともにネット掲載の許可をいただき、名刺をお渡しする、というのが一連の撮影の流れです。なので、コミケに行くと、名刺が恐ろしいくらい無くなっていくんです。今年の夏コミでは、1日目&2日目で100枚くらい名刺を配りました。この100枚から新たな交流が生まれると嬉しいなぁ、とちょっとした下心もあったりするわけですが、まあ、そんな感じです(笑)

あと、名刺をお渡しする際に、レイヤーさんにちょっと感想を伝えるんですよ。「カワイイ」「カッコイイ」「よくできた小道具ですね」みたいな、パッと見の印象を伝えます。あまり長々と話し込むとレイヤーさんが疲れるし、他の撮影者さんの迷惑にもなりますので、短い端的な言葉にしかなりません。でも、そういう言葉を聞いたレイヤーさんはニッコリ微笑んでくれます。僕の言葉でレイヤーさんが喜んでくれるのは嬉しいですね。炎天下でのコスプレは肉体的にも精神的にもキツイことでしょう。そんなレイヤーさんたちの励みになる言葉は大切だと思います。

以上、ダラダラッと感想だか何だか分からない文章を書き綴ったわけですが、今回の記事では写真を一枚も貼りません!たまにはこういう記事があってもいいよねってことで。写真はFacebookのアルバムにアップしますので、そちらをご覧になってください。ではでは!
スポンサーサイト
[ 2015年08月15日 22:30 ] カテゴリ:コミックマーケット | TB(-) | CM(0)

曖昧☆ふともも写真館@浅草橋TODAYS GALLERY STUDIO~ふとももの魅力をアートとして表現する写真展~

東京都浅草橋にある「TODAYS GALLERY STUDIO」では、オープン1周年を記念して、2015年7月3日(金)から7月12日(日)まで「曖昧☆ふともも写真館」を開催。ゆりあ氏が撮り続けたふともも写真が200点以上展示された。

曖昧☆ふともも写真館@浅草橋TODAYS GALLERY STUDIO~ふとももの魅力をアートとして表現する写真展~

私は最終日に「曖昧☆ふともも写真館」を訪れた。開場と同時くらいに到着したのだが、既に入場制限があり、5分程度待ってからの入場だった。人気イベントの最終日は混雑することを身をもって実感した。

会場内は見渡す限りのふともも、フトモモ、太腿……。日常生活ではじっくり鑑賞できないふとももが至るところに掲げてあり、初めて観る人は一瞬戸惑うのではないか?女子高生やOLを盗撮しているような背徳感を抱く人もいるかもしれない。しかし、そんなどうでもいい思いはあっという間に消えてしまう。何人ものふとももを眺めているうちに「ふとももって素晴らしい!」と心奪われてしまうからだ(笑)

曖昧☆ふともも写真館@浅草橋TODAYS GALLERY STUDIO~ふとももの魅力をアートとして表現する写真展~
曖昧☆ふともも写真館@浅草橋TODAYS GALLERY STUDIO~ふとももの魅力をアートとして表現する写真展~
曖昧☆ふともも写真館@浅草橋TODAYS GALLERY STUDIO~ふとももの魅力をアートとして表現する写真展~
曖昧☆ふともも写真館@浅草橋TODAYS GALLERY STUDIO~ふとももの魅力をアートとして表現する写真展~

制服に私服、OLスーツ、競泳水着、レインコートなど、さまざまなコスチュームからふとももがのぞく。そんなふとももは、自然を散策したり、プールサイドでくつろいでいたり、もう少しでパンチラになりそうだったり……あらゆるシチュエーションで鑑賞者の目をくぎ付けにし、時に想像(妄想?)をかき立てる。ゆりあさんは、あえて被写体の顔を写さない。視覚的インパクトの強い顔を排除することで、ふとももの魅力を最大限に引き出しているのだ。アングルや光の使い方など、写真撮影の勉強にもなる作品ばかりだった。

曖昧☆ふともも写真館@浅草橋TODAYS GALLERY STUDIO~ふとももの魅力をアートとして表現する写真展~
曖昧☆ふともも写真館@浅草橋TODAYS GALLERY STUDIO~ふとももの魅力をアートとして表現する写真展~

展示されているふとももは、いずれもふとももであるが故に魅力的なのだ。しかし、その魅力は多分にフェティッシュな要素を含む。露骨な性表現とも結びつきやすい身体部位だと言えよう。

そんなふともものイメージをゆりあさんは変えてくれた。黄色いアヒルが何匹も置かれたふともも、バスケットボールや三角定規とともにあるふともも、電話コードの絡まったふともも……写真の中のふとももは、学生やOLといった属性を付与されることで肉体固有の官能性を後退させ、アートとしての側面を露わにしたのだ。そこにあるのは「いやらしさ」ではなく「清々しさ」だった。

僕がゆりあさんと初めてお話ししたのはデザインフェスタvol.41のとき。「ふとももが本当にお好きなんですか?」という僕の質問に、「ええ、好きですね」と静かに応えたゆりあさん。その穏やかな口調や表情からは、ふとももに対する確固とした愛情が滲み出ていた。あのときゆりあさんから感じた熱意が写真一枚一枚から伝わってきた。

曖昧☆ふともも写真館@浅草橋TODAYS GALLERY STUDIO~ふとももの魅力をアートとして表現する写真展~

女性限定の「ふともも撮影」も行われていた。女の子たちは、他人のふとももを鑑賞するだけでなく、自らのふとももを被写体にするという貴重な経験を楽しんでいた。また、会場内は撮影自由であるため、来場者は自分の気に入ったふとももをスマホやカメラを撮影していた。来場者を巻き込んだ展示のあり方は、「ふとももを撮影する(される)のはちょっと……」というためらいを多くの人たちから払拭し、「ふともも写真」という新たなジャンルの浸透に大いに貢献したのではないだろうか?

曖昧☆ふともも写真館@浅草橋TODAYS GALLERY STUDIO~ふとももの魅力をアートとして表現する写真展~

会場では、7月17日発売の『ふともも写真館 制服写真部 ~夏~』を先行販売。午後には完売してしまった。

ふともも写真館 制服写真部 ~夏~
ふともも写真館 制服写真部 ~夏~ゆりあ

一迅社 2015-07-17
売り上げランキング : 2430


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ふとももを愛する人もそうでない人も楽しめる展覧会だった。ゆりあさんの今後のご活躍に期待したい。(了)

※「曖昧☆ふともも写真館」の写真は、フェイスブックのアルバムにて公開しています。ご興味のある方は以下をご覧ください。
https://www.facebook.com/media/set/?set=a.1462933644024471.1073741911.100009235471097&type=1&l=c5d5ed810e
[ 2015年07月12日 17:00 ] カテゴリ:その他のイベント | TB(-) | CM(0)

絵葉書屋長崎堂個展「梅雨商い」イベント 男性緊縛&ペインティング&漫画テロトピアを語る@カフェ百日紅~長崎堂さん×エミさん×三和の人~

6月27日のじめじめ蒸し暑い午後、カフェ百日紅にて、絵葉書屋長崎堂個展「梅雨商い」イベントが開催された。イベントの内容は、男性緊縛&ペインティング&漫画テロトピアを語る――長崎堂さんのBLマンガ「橘さんの場合」が『漫画テロトピア』に収録されているので、それについて語りながら、緊縛された男性に絵を描きましょう、という趣旨だ。絵師は長崎堂さん、緊縛師はエミさん、緊縛モデルは三和の人(伝説のイケメンリーマン)の3人。

以前、ギャラリー新宿座でも、リーマン緊縛&フェイスペインティングイベントが開催された(そのときの模様はこちら→倒錯展 ライブ緊縛&フェイスペインティング 小川恵美さん×長崎堂さん×三和出版のイケメン社員さんによるリーマン緊縛@ギャラリー新宿座)ネット上にアップされた画像が凄まじい勢いで拡散していったくらい大好評なイベントだった。

あの3人が再びカフェ百日紅に集結!大いに盛り上がること間違いなし!

というわけで、今回の記事では、「梅雨商い」イベントの模様を紹介する。

男性緊縛&ペインティング&漫画テロトピアを語る



三和の人が椅子に腰かけた。彼は、付き添いの小姓さんに手伝ってもらって、着物姿をビシッと決めていた。背が高く、彫りの深い顔をイケメンさんが座ると、巫女服を着たエミさんが緊縛を開始。「梅雨商い」というタイトルにふさわしく、しっとりとした雰囲気の中、淡々と縄がかけられていく……わけがなく、相変わらずのエミさんトークが炸裂!

「三和出版には若い子♂はいないんですか?」
「23歳のその新入社員♂に対しては、何か感じないんですか?」

エミさんも長崎堂さんも、三和の人のBL事情に興味津々。「橘さんの場合」のような展開が三和出版で起こっていないか、全員が息を呑んで三和の人の言葉に耳を澄ました。が、残念ながら、三和の人には、そういう方面での色恋沙汰がないようだ。とはいえ、三和の人の若かりし頃の驚愕体験も明らかになり、観客は笑いの渦に包まれた(笑)

長崎堂さんも、穏やかな表情で、三和の人の顔の左側から首、左肩にかけて絵筆を走らせていく。

長崎堂さん「絵の具がアクリルなので、乾くとカパカパになるんですよ」
エミさん「カパカパ?アルパカ?」

コントのようなやり取りを交えながらも、三和の人の肌には美しい模様が着実に描かれていった。そして、完成した絵はこちら――

絵葉書屋長崎堂個展「梅雨商い」イベント 男性緊縛&ペインティング&漫画テロトピアを語る@カフェ百日紅~長崎堂さん×エミさん×三和の人~ 絵葉書屋長崎堂個展「梅雨商い」イベント 男性緊縛&ペインティング&漫画テロトピアを語る@カフェ百日紅~長崎堂さん×エミさん×三和の人~

実は、三和の人は、足の裏にも絵を描かれたのだ。足の裏という非常に敏感な部位を絵筆で刺激され、三和の人は苦悶(快楽?)の表情を浮かべながら、小刻みに体を震わせていた(笑)

完成した足の裏を見よ!!

絵葉書屋長崎堂個展「梅雨商い」イベント 男性緊縛&ペインティング&漫画テロトピアを語る@カフェ百日紅~長崎堂さん×エミさん×三和の人~
絵葉書屋長崎堂個展「梅雨商い」イベント 男性緊縛&ペインティング&漫画テロトピアを語る@カフェ百日紅~長崎堂さん×エミさん×三和の人~

足の裏をもアートに仕上げた長崎堂さんはさすがプロ!

僕「足の裏、いいですね!」
三和の人「足の裏だけ?」
僕「いえ、イケメンです!」

餌付けタイム



三和の人が着物を着換え、白い着物でビシッと決めてきた。彼の男らしさ・カッコよさを引き立てる着物である。そんな三和の人をエミさんが再び椅子に縛り付けた。

絵葉書屋長崎堂個展「梅雨商い」イベント 男性緊縛&ペインティング&漫画テロトピアを語る@カフェ百日紅~長崎堂さん×エミさん×三和の人~

目隠しをされる三和の人。これから何が始まるのか?

絵葉書屋長崎堂個展「梅雨商い」イベント 男性緊縛&ペインティング&漫画テロトピアを語る@カフェ百日紅~長崎堂さん×エミさん×三和の人~

餌付けタイムの始まりだ!

エロチカジャポネスクオーガナイザーのなおさんも餌付けに挑戦。「皮は剥かなくていい」とか「種が入ってる」とか、何かを暗示するようなワードが飛び交う中、三和の人の口の中にサクランボやブドウが入れられていく。羨ましいシチュエーションである(笑)

絵葉書屋長崎堂個展「梅雨商い」イベント 男性緊縛&ペインティング&漫画テロトピアを語る@カフェ百日紅~長崎堂さん×エミさん×三和の人~

小姓さんの餌付けはちんすこう。三和の人の口の中がパサパサになったところで、女性からのお水補給。

絵葉書屋長崎堂個展「梅雨商い」イベント 男性緊縛&ペインティング&漫画テロトピアを語る@カフェ百日紅~長崎堂さん×エミさん×三和の人~

こうして餌付けタイムも無事終了し、三和の人の縄は無事ほどかれたのだった。

おわりに



「緊縛」というと、性的なイメージを持っている方も多いのではないか?

しかし、長崎堂さん×エミさん×三和の人の緊縛イベントは実に「健全」(ある意味不健全だが(笑))で、笑いの絶えない楽しさがあった。同時に、長崎堂さんのアート制作の現場を間近で見られる貴重な機会でもあった。

同好の士が集うイベントなので、久しぶりの再会や新たな出会いもあって、僕は人との交流も楽しませてもらった。ここ数日引きこもり気味で沈鬱だったのだが、このイベントに参加したおかげで、じめじめした心がカラッと晴れ上がった。まさに「梅雨商い」!

笑いありアートあり出会いありの大人の遊びが、いつかどこかでまた開催されることを僕は願っている。(了)

・長崎堂さんのサイト:http://nagasakido.web.fc2.com/
・カフェ百日紅のサイト:http://medamadou.egoism.jp/hyakujitukou/
[ 2015年06月30日 11:15 ] カテゴリ:その他のイベント | TB(-) | CM(0)
プロフィール

みみずく先生@妖怪博士見習い


管理人:みみずく先生@妖怪博士見習い

都内で家庭教師業を営むみみずく先生です。日ごろ、生徒さんや保護者様とお話ししながら、密かに妖怪文化の普及に努めています(笑)

現在、家庭教師業の傍ら、在宅ライターとしてのお仕事もしています。数社から継続して依頼を受けています。ライターとしての更なるスキル向上を目指し、不定期でこちらのブログも更新しています。

妖怪関係の記事や趣味の記事がメインですが、好きな人やお店等も紹介していくつもりです。エログロ・オカルト・アングラ・サブカル等、ちょっと過激な記事も紛れると思いますが、苦手な方はそういう記事を読み飛ばしてください。

ライターのお仕事を随時募集中です。ライターのお仕事に関するご相談は、以下のメールフォームからお願いします。

mailform


家庭教師関係の情報は、以下のブログをご覧になってください。

墨田区両国のプロ家庭教師みみずくの教育ブログ

最新記事
ツイッター

PR
検索フォーム
ブログランキング
ブログランキングに参加しています!是非クリックをお願い致します!

タグクラウド

QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。