みみずく先生の妖怪博士見習い日記 TOP  >  2014年12月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ノスタルジーの庭~ギャラリー202号室二周年記念グループ展~個性的な作品達が織り成す絵本の世界で癒しのひとときを楽しむ~

JR王子駅を出て路地を入っていくと木造モルタルアパートの階段が見えてきた。

ノスタルジーの庭~ギャラリー202号室二周年記念グループ展~個性的な作品達が織り成す絵本の世界で癒しのひとときを楽しむ~

この階段を昇ると、そこにはギャラリー202号室がある。ギャラリー202号室は今年で二周年を迎えた。その記念に、オーナーの一人であるいぐちまなぶ先生が中心となって、グループ展「ノスタルジーの庭」が開催された。

の庭~ギャラリー202号室二周年記念グループ展~個性的な作品達が織り成す絵本の世界で癒しのひとときを楽しむ~

「ノスタルジーの庭」には、まなぶ先生を始め、僕が敬愛するクリエイターさんが何人も出展されていた。僕は期待に胸を膨らませながら、ギャラリー202号室へ足を踏み入れた。

まなぶ先生が笑顔で出迎えてくださった。僕は入り口で立ち止まってしまった。両側に並んでいる作品が目に飛び込んできたからだ。

ノスタルジーの庭~ギャラリー202号室二周年記念グループ展~個性的な作品達が織り成す絵本の世界で癒しのひとときを楽しむ~

ノスタルジーの庭~ギャラリー202号室二周年記念グループ展~個性的な作品達が織り成す絵本の世界で癒しのひとときを楽しむ~

――奇麗な作品だなぁ……

そう思いながら一つ一つ見ている僕に、まなぶ先生が教えてくださった。「トランプのマークが作家さんを表しているんだよ」

なるほど作品の横にはトランプが並べられていた。そのカードのマークと出展者一覧とを照らし合わせながら、僕は再び作品に見入ってしまった。これらの作品を作ったのが、以前からお世話になっているクリエイターさん達だったのだ。アルルさん、青桐さん、Yu-toさん……何度もお会いしているのに、その作品を見せていただくのは初めてだった。

――クリエイターさんの魅力が、そのまま作品の魅力になるんだ!

僕は感嘆の息を漏らした。

まなぶ先生に案内されて、会場の中心へ――

ノスタルジーの庭~ギャラリー202号室二周年記念グループ展~個性的な作品達が織り成す絵本の世界で癒しのひとときを楽しむ~

ノスタルジーの庭~ギャラリー202号室二周年記念グループ展~個性的な作品達が織り成す絵本の世界で癒しのひとときを楽しむ~

ノスタルジーの庭~ギャラリー202号室二周年記念グループ展~個性的な作品達が織り成す絵本の世界で癒しのひとときを楽しむ~

各アーティストさんの作品からは、いずれも個性が滲み出ていた。一方で、それらはバラバラに個性を主張するのではなく、全体として統一感を保っていた。鑑賞者をホッとさせる落ち着きがあった。アーティストさん同士の心の交流が伝わってきたのだ。

僕「個性的な作品ばかりですが、全体として統一感がありますね!」
まなぶ先生「そう言ってもらえると嬉しいな。この展覧会では、作家さん達のコミュニケーションに一番時間をかけたからね」

まなぶ先生のお言葉を聞いて、妙に納得させられた。アーティストの皆さんは積極的に意思疎通を図り、お互いの人柄を確認し合い、その上で作品制作に入ったという。だからこそ、作品同士の個性が、衝突することなく、お互いを高め合う形で表れていたのだ。

「ノスタルジーの庭」は、一つの庭を巡る童話だ。しかし、そこには、男と女の愛の物語――甘美な中にもほろ苦さのある大人のメルヘンが隠れている。順路に沿って作品を鑑賞していくと、ふと考えさせられる瞬間が訪れる。一つの作品の前で、つい立ち止まってしまうのだ。

ちょうどそこへアーティストの87eさんがいらっしゃり、ご自身の作品について解説してくださった。87eさんの作品は、紅茶で煮たラブレターに描かれているそうだ。そうしたお話をうかがった後、作品と童話とを改めて見比べると、僕の心に迫ってくる感慨があった。

僕は仕事の関係で長居できなかったが、可能ならば「ノスタルジーの庭」にもっと留まっていたかった。絵本の世界に迷い込んだような錯覚に襲われる空間は、それだけ居心地が良かったのだ。

「ノスタルジーの庭」は消滅し、今はもう存在しない。しかし、この庭に集ったアーティストさんやお客さんの心には、永遠に消えることのない思い出が刻まれたのだ。そんな出会いに、僕は心から感謝したい。(了)

P.S. 「ノスタルジーの庭」を鑑賞するのに没頭するあまり、僕は会場内をあまり撮影していませんでした(笑)展覧会の雰囲気を写真で味わいたい方は、いぐちまなぶ先生のサイトをご覧になってください。

Garden of Nostalghia
スポンサーサイト
[ 2014年12月30日 22:00 ] カテゴリ:その他のイベント | TB(-) | CM(0)

デパートメントH 2099@鶯谷東京キネマ倶楽部 2014年12月~水槽ガール・ドラァグクイーン・ドーラー~

デパートメントHの魅力として、美しい方々と出会える喜びがある。その喜びを読者の皆さんと共有できれば幸いである。

まずは、入り口で出会った皆さんを紹介しよう。

デパートメントH 2099@鶯谷東京キネマ倶楽部 2014年12月~水槽ガール・ドラァグクイーン・ドーラー~

今月の水槽ガールは泉まりんさんだ。モフッとした耳や手足に大きなペロペロキャンディーという、まるで妖精のようなお姿は、来場者の目を釘付けにしていた。彼女の微笑みに僕も見とれてしまった。

デパートメントH 2099@鶯谷東京キネマ倶楽部 2014年12月~水槽ガール・ドラァグクイーン・ドーラー~

ピンク髪のキュートな桃子ちゃんが、メタルーナ・ミュータント氏に腕にギュッとしがみついている。ラブラブな雰囲気を醸し出している!

デパートメントH 2099@鶯谷東京キネマ倶楽部 2014年12月~水槽ガール・ドラァグクイーン・ドーラー~

今度は、桃子ちゃんとフォノさんのツーショット!可愛い娘ちゃんが2人並んでいると、目移りして困ってしまう……

他にも色っぽいドーラーさんとの出会いが――

デパートメントH 2099@鶯谷東京キネマ倶楽部 2014年12月~水槽ガール・ドラァグクイーン・ドーラー~

男を誘う表情をしているのは井戸バター快技・濡乃さんだ。僕は、彼女を撮影後、彼女のお口に指を入れて大人の遊戯を堪能させていただいた(笑)

デパートメントH 2099@鶯谷東京キネマ倶楽部 2014年12月~水槽ガール・ドラァグクイーン・ドーラー~

こちらはパンスト美脚ドーラーの超限仮面チェリスQさんだ。大きめの眼鏡が似合う美人さんは、サンタの衣装も着こなしていた。

ステージ前にはいつものこの方が――

デパートメントH 2099@鶯谷東京キネマ倶楽部 2014年12月~水槽ガール・ドラァグクイーン・ドーラー~

デパートメントH 2099@鶯谷東京キネマ倶楽部 2014年12月~水槽ガール・ドラァグクイーン・ドーラー~

毎回ユニークな装いで皆の注目を集める毒紫カノさんが、今回は二段階の変身を見せてくださった。第一形態は、黒い狐面&着物という和風な装いだ。第二形態は、ラバーの光沢がキラキラと美しい魔女のようなお姿だ。

ブースを見て歩いていると、奇麗な女の子に会えるのも嬉しい!

デパートメントH 2099@鶯谷東京キネマ倶楽部 2014年12月~水槽ガール・ドラァグクイーン・ドーラー~

流騎亜さんの衣装はクリスマスツリーだ。電球の光がキラキラと明滅し、彼女の表情を艶めかしく映し出していた。

「あそこにいるのがゆずこちゃんだよ」

流騎亜さんが指差す先には――

デパートメントH 2099@鶯谷東京キネマ倶楽部 2014年12月~水槽ガール・ドラァグクイーン・ドーラー~

ゆずこさんは、白い衣装&光る角でユニコーンを髣髴とさせるお姿をされていた。ドーラーではないゆずこさんにお会いするのは今回が初めてだった。「ゆずこちゃんは、本人もすごく可愛いんだよ!」という流騎亜さんのお言葉通り、着ぐるみを脱いだゆずこさんの可愛さに僕は感動した。

デパートメントH 2099@鶯谷東京キネマ倶楽部 2014年12月~水槽ガール・ドラァグクイーン・ドーラー~

ロフトプラスワンブースにはロリカルトアイドル・白玉あもちゃんがいらっしゃった。「死」と書かれた、ちょっと物騒なシャツを着ているところがまた、男心をくすぐった(笑)

デパートメントH 2099@鶯谷東京キネマ倶楽部 2014年12月~水槽ガール・ドラァグクイーン・ドーラー~

白いケモノマスクは風鷹さんだ。爪や角までしっかり作り込まれているその造形に目を奪われてしまう。僕は、彼女の美的センスが大好きだ。

さて、美の世界は性別をも超越する!

デパートメントH 2099@鶯谷東京キネマ倶楽部 2014年12月~水槽ガール・ドラァグクイーン・ドーラー~

鬼足の麻直江お姉さまには、この夜、大変お世話になった。貴重な体験をさせていただいた。

デパートメントH 2099@鶯谷東京キネマ倶楽部 2014年12月~水槽ガール・ドラァグクイーン・ドーラー~

サンタ姿のらいとさんは「こんな変態な格好をしていますが……」と謙遜されていたが、よく似合っていてキュートだった。こんなサンタさんからプレゼントをもらいたい!!

デパートメントH 2099@鶯谷東京キネマ倶楽部 2014年12月~水槽ガール・ドラァグクイーン・ドーラー~

姫百合夢那さんを撮影させていただいた。レイピアを構えた彼(女)は中世ヨーロッパの貴族のようで、美しく、そしてカッコイイ!僕は彼(女)のファンなので、今回もお会いできて光栄だった。

そして、デパHの美の象徴といえばドラァグクイーンだ。

デパートメントH 2099@鶯谷東京キネマ倶楽部 2014年12月~水槽ガール・ドラァグクイーン・ドーラー~

デパートメントH 2099@鶯谷東京キネマ倶楽部 2014年12月~水槽ガール・ドラァグクイーン・ドーラー~

この夜は沢山のドラァグクイーンがいらっしゃり、会場は大賑わいだった。そんな中、ラバークイーンららみぃさんのファイナルステージもあった。僕にとっては忘れられない一夜となった(ららみぃさんのショーの模様はこちら→「デパートメントH 2099@鶯谷東京キネマ倶楽部 2014年12月~ららみぃさんのファイナルステージ~」)

今年最後のデパートメントHでも、魅力的な方々と交流させていただいた。人と会えることの喜びを実感し、沢山の刺激もいただいた。また来年、皆さんとお会いできるのを楽しみにしている。良いお年を!!(了)
[ 2014年12月20日 13:00 ] カテゴリ:デパートメントH | TB(-) | CM(0)

デパートメントH 2099@鶯谷東京キネマ倶楽部 2014年12月~大怪獣サロン・犬装家・ラバリスト・スチームパンク虚無僧~

今更感が否めないが、12月のデパートメントHでお世話になった皆さんを紹介する。

まずはこの方々から――

デパートメントH 2099@鶯谷東京キネマ倶楽部 2014年12月~大怪獣サロン・犬装家・ラバリスト・スチームパンク虚無僧~

大怪獣サロンにも高齢化の波が!!

2人のじいさん達はキャットファイトでも大暴れだった(キャットファイトの模様はこちら→「デパートメントH 2099@鶯谷東京キネマ倶楽部 2014年12月~中野貴雄監督のキャットファイト~」)

デパートメントH 2099@鶯谷東京キネマ倶楽部 2014年12月~大怪獣サロン・犬装家・ラバリスト・スチームパンク虚無僧~

大怪獣サロンといえばピコピコ先生だ。ピコピコ先生は、ラバーな豚さん(サエボーグさん)の乳を揉みながら、とても幸せそうなお顔をされていた(笑)

お次は、いつもお世話になっている犬装家やラバリストの皆さんだ。

デパートメントH 2099@鶯谷東京キネマ倶楽部 2014年12月~大怪獣サロン・犬装家・ラバリスト・スチームパンク虚無僧~

フリスビーを構えるゴム犬さんは、目つきが真剣そのもの!! どんなポーズもカッコよく決めてしまうゴム犬さんは、僕にとって憧れの対象だ。

デパートメントH 2099@鶯谷東京キネマ倶楽部 2014年12月~大怪獣サロン・犬装家・ラバリスト・スチームパンク虚無僧~

銃を構えるモリブデンさんと覗き込むくつべらさん――モリさんは今回も重装備で、まるで戦場に赴くかのようだ。くつべらさんはスラッとした体型でスタイルが良い。なかなか絵になる一枚だ。

デパートメントH 2099@鶯谷東京キネマ倶楽部 2014年12月~大怪獣サロン・犬装家・ラバリスト・スチームパンク虚無僧~

シオンさん&たゆらさんのツーショット――このお二人には、開場前もお世話になった。1時間前に東京キネマ倶楽部に着いた僕は、お二人といろいろお話しさせていただいた。楽しいひとときだった。

デパートメントH 2099@鶯谷東京キネマ倶楽部 2014年12月~大怪獣サロン・犬装家・ラバリスト・スチームパンク虚無僧~

アヌビスのミカカさん(ハヤカワさん)だ。毎度の如く抱擁していただくと、モフモフした触感と優しい香りに包まれた。彼の腕の中で僕は幸せな気持ちになった(笑)

デパートメントH 2099@鶯谷東京キネマ倶楽部 2014年12月~大怪獣サロン・犬装家・ラバリスト・スチームパンク虚無僧~

モフモフ系のケモノさんで、今回初めてお会いしたのはゼキサーさんだ。目が大きくて可愛らしい。

デパートメントH 2099@鶯谷東京キネマ倶楽部 2014年12月~大怪獣サロン・犬装家・ラバリスト・スチームパンク虚無僧~

いつもお世話になっているお三方――まなぶ先生&アルルさん&ブラックマンバさんの笑顔が眩しい!マンバさんの背後から後光が差していて、まるで仏様のようだ(笑)

デパートメントH 2099@鶯谷東京キネマ倶楽部 2014年12月~大怪獣サロン・犬装家・ラバリスト・スチームパンク虚無僧~

ラバリストといえばこの方――アヌビスマスクが魅力的ならてさんだ。この夜はポニー姿のひろみさんを連れて会場内を闊歩されていた。ラバーなお二人は人気があり、皆さんから声をかけられていた。

デパートメントH 2099@鶯谷東京キネマ倶楽部 2014年12月~大怪獣サロン・犬装家・ラバリスト・スチームパンク虚無僧~

ブラックでラバーな犬たちとゴスロリ猫耳のなたすさん――4人で密談しているところを写真に撮らせていただいた。とても楽しそうだ!

デパートメントH 2099@鶯谷東京キネマ倶楽部 2014年12月~大怪獣サロン・犬装家・ラバリスト・スチームパンク虚無僧~

ラバー製の鉄人28号さんは、全身が光を反射してキラキラと輝いていた。

デパートメントH 2099@鶯谷東京キネマ倶楽部 2014年12月~大怪獣サロン・犬装家・ラバリスト・スチームパンク虚無僧~

無力王Mr.BALLHEAD氏との嬉しい再会!異形頭の紳士は、今回もカッコよくポーズを決めてくださった。クマのぬいぐるみとピコピコハンマーというアイテムも個性的だ。

デパートメントH 2099@鶯谷東京キネマ倶楽部 2014年12月~大怪獣サロン・犬装家・ラバリスト・スチームパンク虚無僧~

トミーさんとアックンさんのツーショット!フェティッシュな装いがよく似合っているお二人だ。

トミーさんのことはずっと以前から気になっていた。そのトミーさんに初めて声をかけさせていただいた。とても紳士的なお方だった。

最後に、お気に入りのワンシーンを紹介しよう。

デパートメントH 2099@鶯谷東京キネマ倶楽部 2014年12月~大怪獣サロン・犬装家・ラバリスト・スチームパンク虚無僧~

スチームパンク虚無僧の将園さんvs犬のマスクのたゆらさん!ライトセーバーを構えたお二人の決着や如何に!?その成り行きをドラゴンさんが静かに見守っている……

デパHで将園さんと再会できたのは嬉しかった。将園さんの天蓋や着物はしっかり作り込まれていて、そこに芸術的センスと熱い思いとを感じた。和とスチームパンクの融合に僕は目を奪われ、感嘆の溜息を漏らしてしまった。

東京キネマ倶楽部の中には、他にもステキな方々が沢山いらっしゃった。次回も、そんな皆さんを紹介したい。(続く)
[ 2014年12月18日 16:00 ] カテゴリ:デパートメントH | TB(-) | CM(0)
プロフィール

みみずく先生@妖怪博士見習い


管理人:みみずく先生@妖怪博士見習い

都内で家庭教師業を営むみみずく先生です。日ごろ、生徒さんや保護者様とお話ししながら、密かに妖怪文化の普及に努めています(笑)

現在、家庭教師業の傍ら、在宅ライターとしてのお仕事もしています。数社から継続して依頼を受けています。ライターとしての更なるスキル向上を目指し、不定期でこちらのブログも更新しています。

妖怪関係の記事や趣味の記事がメインですが、好きな人やお店等も紹介していくつもりです。エログロ・オカルト・アングラ・サブカル等、ちょっと過激な記事も紛れると思いますが、苦手な方はそういう記事を読み飛ばしてください。

ライターのお仕事を随時募集中です。ライターのお仕事に関するご相談は、以下のメールフォームからお願いします。

mailform


家庭教師関係の情報は、以下のブログをご覧になってください。

墨田区両国のプロ家庭教師みみずくの教育ブログ

最新記事
ツイッター

PR
検索フォーム
ブログランキング
ブログランキングに参加しています!是非クリックをお願い致します!

タグクラウド

QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。