みみずく先生の妖怪博士見習い日記 TOP  >  スポンサー広告 >  ■記録  >  その他のイベント >  Rubber Fetishism Salon by TENTOKU@六本木Night Gallery Cafe CROW

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Rubber Fetishism Salon by TENTOKU@六本木Night Gallery Cafe CROW

11月22日の夜、六本木の Night Gallery Cafe CROW さんにて、ラバーサロンイベントが開催された。主催者は、「ラバー界の貴公子」として有名な Tentoku さん。イベントは二部制で、フェティッシュ界のスペシャルゲストによるトークショー(第一部)とラバー着用者だけが参加できる夜会(第二部)からなる。僕は第一部に参加してきた。

Tentoku さん主催のラバーフェチサロンに参加するのは今回で2回目。前回初めて Tentoku さんとお会いして、僕は、ラバーの魅力のみならず、彼のお人柄にとても心惹かれた。そもそも僕がデパートメントHに足を運ぶようになったのも彼の勧めがあったからだ。Tentoku さんは、好きなことを「好き!」と言える勇気を僕にくださった大恩人だ。

今回のサロンは、第一部から大盛況だった。会場の CROW さんには、ラバーを愛好する方々が沢山いらしていた。デパH等のイベントでお世話になっているお友達も多く、僕にとって居心地の良い空間だった(笑)

第一部のスペシャルゲストは、ケロッピー前田さん・latexcatsuit(らて)さん・OMI化郎GIBSONさんのお三方。濃厚なラバーフェチトークが展開された。特に、博識ならてさんのお話は示唆に富んでいた。

僕自身は、ラバーの感触や匂いは好きだが着用するわけではない。そのため、現役ラバリストのお話はとても参考になる。ラバーは、暑いときに着ると暑く、寒いときに着ると寒い。「ラバーは第二の皮膚」と言われる所以だ。そのため、冬は、ラバー姿で屋外に出るとかなり寒いそうだ。また、着用時は汗が大量に出るため、こまめな水分補給が必須である。こういうお話をうかがうと、本当にラバーが好きでないとラバリストを長く続けられない、ということが分かる。

また、ラバー製品の手入れ方法や選び方等についてもお聞きすることができた。ラバーは直接肌に身に付けるものなので、粗悪品を購入してしまうと、健康被害が出ることもあるという。また、ラバーは、劣化したりカビが生えたりしやすい素材だ。せっかく高い買い物をしても、きちんと手入れをしないと、あっという間にダメになってしまう。このように維持管理が大変なため、一時的にラバーに関心を持った人でも、ラバーから離れてしまう人が多いそうだ。

一方で、工夫次第でラバーを楽しむことも可能だ。普通に購入できる既成品でも、フェティッシュな欲求を満たしてくれるものがある。たとえば、らてさんがお持ちになったラバーの手袋は、某百貨店の工具売り場にて900円で買えるとか。丹念に探せば、欲しいアイテムが意外な場所で手に入るという実例だ。そうした既製品を上手く組み合わせれば、オリジナルなラバーファッションも夢ではない。

トークショーの中で特に印象に残ったのは、文化的観点からの考察だった。たとえば、カナダのモントリオールでは、"Montreal Fetish Weekend" というイベントが開催される。このイベントを公認するくらいなので、モントリオールはラバーフェチに対して随分と寛容なのだ。実際、ラバー着用者が街中を歩いていても誰も気にしないし、ラバーを脱がずにコンビニにも入れるそうだ。
一方、日本では、ラバーに対する社会的な受け入れ態勢が整っていない。日本のラバリストは肩身の狭い思いをしているのだ。そのような現状を踏まえ、「日本でもラバーで町興しを行なえないか?」という問題提起がなされたのは興味深かった。ラバーに対する社会的評価が高まれば、いずれ Tentoku 王を頂点とする「ラバーの王国」が完成するかもしれない(笑)

トークショー終了後、Tentoku さんが用意してくださった、腕だけのバキュームベッドを体験させていただいた。バキュームベッドは相変わらず気持ちいなぁ……というわけで、とても充実したひとときだった。

最後に、Tentoku さんのカッコイイお姿をお見せして〆としよう。

Rubber Fetishism Salon by TENTOKU@六本木Night Gallery Cafe CROW

Rubber Fetishism Salon by TENTOKU@六本木Night Gallery Cafe CROW

今後の Tentoku さんのご活躍にも期待したい。またお会いできる日が楽しみだ。(了)
スポンサーサイト
[ 2014年11月23日 12:00 ] カテゴリ:その他のイベント | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

みみずく先生@妖怪博士見習い


管理人:みみずく先生@妖怪博士見習い

都内で家庭教師業を営むみみずく先生です。日ごろ、生徒さんや保護者様とお話ししながら、密かに妖怪文化の普及に努めています(笑)

現在、家庭教師業の傍ら、在宅ライターとしてのお仕事もしています。数社から継続して依頼を受けています。ライターとしての更なるスキル向上を目指し、不定期でこちらのブログも更新しています。

妖怪関係の記事や趣味の記事がメインですが、好きな人やお店等も紹介していくつもりです。エログロ・オカルト・アングラ・サブカル等、ちょっと過激な記事も紛れると思いますが、苦手な方はそういう記事を読み飛ばしてください。

ライターのお仕事を随時募集中です。ライターのお仕事に関するご相談は、以下のメールフォームからお願いします。

mailform


家庭教師関係の情報は、以下のブログをご覧になってください。

墨田区両国のプロ家庭教師みみずくの教育ブログ

最新記事
ツイッター

PR
検索フォーム
ブログランキング
ブログランキングに参加しています!是非クリックをお願い致します!

タグクラウド

QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。