みみずく先生の妖怪博士見習い日記 TOP  >  スポンサー広告 >  ■記録  >  妖怪さんぽ >  妖怪さんぽ平将門編参加報告レポート(後編)~鳥越神社・神田明神~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

妖怪さんぽ平将門編参加報告レポート(後編)~鳥越神社・神田明神~

※前回までの記事は、以下を参照してください。


妖怪さんぽ平将門編参加報告レポート(前編)~鎧神社・鬼王神社・水稲荷神社~

妖怪さんぽ平将門編参加報告レポート(中編)~築土神社・将門の首塚・兜神社~


都営大江戸線蔵前駅で降りた妖怪さんぽ一行――次なる目的地は、台東区にある鳥越神社だ。


20140313_01

鳥越神社周辺は、僕の仕事場でもある。家庭教師先のご家庭に伺う際、鳥越神社の前や後ろをいつも素通りしている。そう、「素通り」するだけなのだ。鳥越祭を生徒達と一緒に見たこともあるが、鳥越神社の境内に入るのは今回の妖怪さんぽが初めて、という罰当たりぶり(笑)


20140313_02

境内では、迫力のある狛犬様が出迎えてくれた。この狛犬たちは、奈良の手向山神社にある鎌倉時代の神殿狛犬が原型だとされる。普通の狛犬と見た目が異なるのにも理由があるのだ。


さて、鳥越神社と平将門との関係はというと……将門の生首がこの地を「飛び越え」たことから「鳥越(とりごえ)」の地名が生まれたとか!ただ、この伝承は鳥越神社公認ではない。実しやかに囁かれる将門伝説と言ったところか?

以前、「将門の首飛び越え」伝説を生徒に話したことがある。そのとき、生徒は「嘘だ~!!」と笑っていた。僕自身も「嘘だ~!!」と思っているが、鳥越神社は将門と縁もゆかりもないのかといえば、どうもそうではないようだ。こちらのサイト によると、神社の紋である「七曜紋」は、将門の紋である「九曜紋」と同種と見做される。また宮司の鏑木家は、将門ゆかりの千葉一族の中でもかなり由緒のある家柄だ。鳥越神社は、れっきとした将門スポットと言えよう。


鳥越神社を後にした妖怪さんぽ一行は、最後の将門スポット・神田明神まで徒歩で移動した。


20140313_03


上京してから3年以上経つが、僕は神田明神にも訪れたことがなかった。「行こう、行こう……」と思いつつ、足を運ぶ機会が無かったのだ。


1309年、当時の人々が将門の祟りを恐れたことが発端となって、神田明神に将門が合祀された。後に、徳川家康が関ヶ原の戦いに臨むに当たって戦勝祈願を行なった経緯もあり、江戸幕府は神田明神を江戸総鎮守として重視した。明治維新後は、平将門を逆賊とする風潮から、将門は神田明神の祭神から外された。しかし、1976年、平将門を主人公としたNHK大河ドラマ『風と雲と虹と』が放送された後、1984年、将門が再度神田明神に合祀されたのだ。平将門の地位が見直された時期でもあった。


以上の通り、神田明神は平将門と非常に縁が深い。そのような霊的スポットへ僕は初めて足を踏み入れたのだ。日が落ちてきて周りの人達の顔もはっきりと見えなくなっていく……そんな逢魔時……


20140313_04

20140313_05


さすが人気の将門スポットだけあって、逢魔時でも参拝客が多い。


20140313_06


神田明神の境内には、様々なモノが祀られている。上の写真は「銭形平次碑」だ。想像上のキャラクターの記念碑も存在するあたり、神田明神の懐の広さを感じる(笑)


20140313_07


力石再び!!


20140313_08


数多くの神社が整然と並んでいる光景は、八百万の神々が将門様を慕っているような印象を受ける。そんな中、駐車場の片隅にひっそりと並べられているお稲荷様↓


20140313_09


自動車の排気ガスをもろに食らいそうな場所に、何故祠と狐の石像が置かれているのか?謎の光景であった(笑)


神田明神を一通り見て回った妖怪さんぽ一行は、平将門に思いを馳せたのだった。


後日、僕は、足の痛みに悩まされた。恐るべし、将門公の祟り!!(←単なる筋肉痛(笑))


ここで都内の将門スポットに関する薀蓄を一つ。


今回、妖怪さんぽで巡った神社等を線で結んでいくと、そこに北斗七星の形が現れるというのだ。北斗七星は、将門の守り神とされる妙見大菩薩の象徴である。将門スポットの配置と北斗七星の関係は、単なる偶然だろうか?いや、江戸幕府は呪術的な目的をもって将門スポットを配置していった、と考えた方が筋が通るのではないだろうか?


このような仮説については、加門七海先生が『平将門魔方陣』の中で述べられていることだ。『平将門魔方陣』を片手に将門スポットを訪ね歩くと、日本の呪術的風景の一端が垣間見えるはずだ。


平将門魔方陣 (河出文庫―文芸COLLECTION)
平将門魔方陣 (河出文庫―文芸COLLECTION)加門 七海

河出書房新社 1996-11
売り上げランキング : 123025


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


最後に、妖怪さんぽからのお知らせ。次回の妖怪さんぽは3月15日の土曜日に開催される。今年度最後の妖怪さんぽは、中野哲学堂と東京の猫スポットを巡る予定だ。


★3/15(土)妖怪さんぽ!中野哲学堂&大江戸の猫!


お時間のある方は是非参加してください!宜しくお願いします!!

スポンサーサイト
[ 2014年03月13日 17:00 ] カテゴリ:妖怪さんぽ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

みみずく先生@妖怪博士見習い


管理人:みみずく先生@妖怪博士見習い

都内で家庭教師業を営むみみずく先生です。日ごろ、生徒さんや保護者様とお話ししながら、密かに妖怪文化の普及に努めています(笑)

現在、家庭教師業の傍ら、在宅ライターとしてのお仕事もしています。数社から継続して依頼を受けています。ライターとしての更なるスキル向上を目指し、不定期でこちらのブログも更新しています。

妖怪関係の記事や趣味の記事がメインですが、好きな人やお店等も紹介していくつもりです。エログロ・オカルト・アングラ・サブカル等、ちょっと過激な記事も紛れると思いますが、苦手な方はそういう記事を読み飛ばしてください。

ライターのお仕事を随時募集中です。ライターのお仕事に関するご相談は、以下のメールフォームからお願いします。

mailform


家庭教師関係の情報は、以下のブログをご覧になってください。

墨田区両国のプロ家庭教師みみずくの教育ブログ

最新記事
ツイッター

PR
検索フォーム
ブログランキング
ブログランキングに参加しています!是非クリックをお願い致します!

タグクラウド

QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。