みみずく先生の妖怪博士見習い日記 TOP  >  スポンサー広告 >  ■記録  >  デザインフェスタ >  デザインフェスタvol.39参加報告レポート(2)~フェティッシュな美学が織り成す倒錯の世界

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

デザインフェスタvol.39参加報告レポート(2)~フェティッシュな美学が織り成す倒錯の世界

前回 に引き続き、デザインフェスタvol.39の魅力を紹介する。今回は、ちょっと変わった世界を散策してみよう。


1日目にY君と一緒に訪れたのが、十二の鍵さんのブースだ。


十二の鍵・ボディペイント


十二の鍵さんはボディペイント作家だ。僕が十二の鍵さんと初めてお会いしたのは、アーティズムマーケット02 のときだ。その後、フェチフェス3.5 でもライブペイントを鑑賞させてもらった。今回の展示では、フェチフェス3.5のときのゴールド全身タイツも展示されていた。


十二の鍵『XENOSOMA』


デザフェスvol.39に合わせて新しい作品集が出ると聞いていたので、僕はそれを目当てにブースを訪れたのだ。そして、『XENOSOMA』(上の写真)を購入した。


『XENOSOMA』は、十二の鍵さんの呼びかけに応じて集まった作家・モデルの作品が収録された作品集だ。人間の身体をキャンパスとして描くボディペイントは、身体自体の特性と相俟って、通常の絵画やイラストとは異なった美を表現する。また、作品は永遠に残しておくことができないので、刹那性という独特の価値も付与される。こうしたボディペイント作品を、十二の鍵さんはアートな観点から制作されている。美の追求としてのボディペイントは、ウェット&メッシー等とは異なる世界観だ。『XENOSOMA』は、各作家さん・各モデルさんの個性的な表現が集まった魅力的な作品集だ。


2日目は同伴者がいなかったので、一人でゆっくり各ブースを見て歩いた。すると、1日目には見落としていたフェティッシュな空間をあちこちに見つけてしまった。そうした世界のいくつかを紹介していきたい。


まずは、ケモノの世界から。


「ケモノ」というのは、動物の要素と人間の要素を併せ持つキャラの総称である。狼少年や猫耳少女、半人半獣のケンタウロス等、人によって「何がケモノか?」という定義も異なるようだ。そうした些末な議論はさておき、今回のデザフェスでは、僕にとってかなり嬉しい出会いがあった。「和塔座」ブースのワトウさんだ。


和塔座・ケモノ


ワトウさんの絵は、どれも美しい色彩で丁寧に描き込まれている。夢溢れる空想世界とケモ化した少年達――両者が違和感無く調和した絵からは、生き生きと動き回っている少年達の躍動感や息遣いが伝わってくる。これぞまさしく僕達が憧れるファンタジーだ。甘美な少年時代の記憶をも呼び起こす作品を前にして、僕は思わず呆然としてしまった。


僕は絵本――『ココからの手紙』――を購入し、帰りの電車内で読み耽った。「ココからの手紙」に思いを馳せる少年テオルが、ワトウさんの描いた美しい世界で、真実に迫っていくのだ。とてもステキな絵本だった。


デザフェスでワトウさんと出会えたのは本当に幸運だった。これからも応援していきたいクリエイターさんだ。


ケモノ系ジャンルでは、着ぐるみもちらほらと見かけた。


ケモナーランドからやってきた魔法のプリンセス・モモちゃん


上の写真は、ケモナーランドからやってきた魔法のプリンセス・モモちゃん(公式サイトはこちら


ニャンコ


上の写真のニャンコもケモノかな?(いや、違う気がする……(笑))


次に、TOKYOZENTAICLUB のブースへ。


TOKYOZENTAICLUB


今回もゼンタイさんの撮影&ゼンタイ体験をさせていただいた。


TOKYOZENTAICLUBの皆さん、いつもご親切にありがとうございます!


会場内をグルグル巡っていると、かなり面白いブースと出会うことがある。たとえば、以下の画像をご覧になってほしい。


季刊性癖


ひたすら性癖を書き連ねているブースは異様だ(ちなみに、この画像内を探しても僕の性癖は書いていないので悪しからず)


こちらのブースでは、フリーペーパー『季刊性癖』をいただき、論文集(?)『女装と思想vol.1』を購入した。『女装と思想』発行者のあしやまひろこ さんは、筑波大学のミスコンで優勝した女装男子だ。彼の思想をまとめた「刹那的永遠性の『男の娘』」は、とても面白い発想の論文(?)だ。帰りの電車内でじっくり読んでしまった(笑)


さて、デザフェス会場4階には「暗いエリア」と呼ばれるHエリアが存在する。ここは何とも怪しげな雰囲気だ。


1日目、僕とY君はHエリアを歩いていた。


僕「今回のデザフェスにも東京棲んでるガールズが来ているよ」

Y君「東京棲んでるガールズ!?絶対見に行きましょう!!」


僕達の目的は東京棲んでるガールズ だったのだ。


東京棲んでるガールズについては、この後詳しく紹介しよう。その前に、思春期研究委員会夜間部のブースで、僕は写真を撮らせてもらった。


思春期研究委員会夜間部


上のお写真は委員長様だ。スクール水着に学ラン・学生帽、網タイツ、マスク、なわとび……フェティッシュの極みといっても過言ではない美しさだ。スク水フェチや制服フェチ、足フェチ等、フェチ属性をお持ちの方は委員長様に心を鷲掴みにされることだろう。薄暗いエリアの片隅で燦然と輝く委員長様のお姿は、さながら神か仏のようだった。


いよいよ僕達は東京棲んでるガールズブースへ到着!!


既に黒山の人だかり――皆が一斉に視線を向けているその先では……


東京棲んでるガールズ


何と!緊縛ショーが行われているではありませんか!?


東京棲んでるガールズは、東京に棲む地方出身の女の子達によるアートユニットだ。主な構成メンバーは、リーダー・ハララビハビコ様、お針子アイドルひるこちゃん、ダイナミックペテン師しんろくさん――彼らは、HENTAIポップアートを世に広めるため、デザフェス会場にいらした一般のお客様を赤い縄で縛っているのだ(注:写真は全て、縛られているお客様ご自身が公開を許可しているものです)


あれはフェチフェス03 でのこと――初めてフェチの世界に足を踏み入れた僕とY君は、そこで東京棲んでるガールズと出会ったのだ。ハビコ様に縛られているお客様、しんろくさんの軽妙なトークと太鼓の音、カメラを構えたオジサマ達が群がる異様な光景……僕達は人だかりの後ろから東京棲んでるガールズのショーをじっくり鑑賞してしまった。そして、その明るく楽しいHENTAIポップアートに魅了されたのだ。


今回のデザフェスでも、「見られて恥ずかしい」を芸術に昇華する東京棲んでるガールズ――縛られたお客様を恥ずかしがらせる様々なプレイが秀逸だった。


東京棲んでるガールズ


上の写真はうまい棒プレイの一場面だ。1本500円のうまい棒をひるこちゃんがお客様に食べさせる。お客様はうまい棒を上手に食べられるかな?


東京棲んでるガールズ


ひるこちゃんの罵倒タイム――言葉責め&様々なモノを使ったいたぶり(?)とで、お客様の「恥ずかしい」を徹底的に刺激する。


東京棲んでるガールズ


縛られているお嬢さんの後姿――縄の結び目を鑑賞できるのは珍しい機会だ。縄と服の間に大量に挟まっている白い紙は「おみくじ」で、グッズ購入者に配布されるものだ。ショーの途中でおみくじ挿入タイムが設けられる。そのとき、おみくじを持っている観客は、願いを込めて、縄と服の間におみくじを挿し込むのだ。


「願いが叶いますように!パンパン!!」


東京棲んでるガールズ


ショーの最後は強制ハグタイム――猫耳を付けた美女やんころさんが、ハビコ様とひるこちゃんにムギュッとされている。何とも羨ましい光景だ(笑)

東京棲んでるガールズ


こちらの爽やか系イケメンは、東京棲んでるガールズのおしゃべり担当しんろくさん。彼の巧みな話術と太鼓の音が、ハビコ様の緊縛やひるこちゃんの罵倒をいっそう引き立てる。彼は現在31歳なので、30歳の僕とほぼ同年齢だ。そんなつながりも分かると、ますますしんろくさんに親近感を覚えてしまう。


そのしんろくさんに、何故か僕の本性を見抜かれてしまった。何度かブースへ足を運んでいたら、「おかえり変態!ここが君の家だよ!」という有難いお言葉までいただいてしまった(笑)フェチフェス以来、陰でコソコソと東京棲んでるガールズを応援していた身としては、こうしてしんろくさんにイジっていただけて大変光栄だった。ありがとうございます!


これからも東京棲んでるガールズを応援します!

次回のフェチフェスでも宜しくお願いします!!


以上、デザフェスの不思議な世界を紹介した。次回もお楽しみに!(続く)

スポンサーサイト
[ 2014年05月21日 10:20 ] カテゴリ:デザインフェスタ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

みみずく先生@妖怪博士見習い


管理人:みみずく先生@妖怪博士見習い

都内で家庭教師業を営むみみずく先生です。日ごろ、生徒さんや保護者様とお話ししながら、密かに妖怪文化の普及に努めています(笑)

現在、家庭教師業の傍ら、在宅ライターとしてのお仕事もしています。数社から継続して依頼を受けています。ライターとしての更なるスキル向上を目指し、不定期でこちらのブログも更新しています。

妖怪関係の記事や趣味の記事がメインですが、好きな人やお店等も紹介していくつもりです。エログロ・オカルト・アングラ・サブカル等、ちょっと過激な記事も紛れると思いますが、苦手な方はそういう記事を読み飛ばしてください。

ライターのお仕事を随時募集中です。ライターのお仕事に関するご相談は、以下のメールフォームからお願いします。

mailform


家庭教師関係の情報は、以下のブログをご覧になってください。

墨田区両国のプロ家庭教師みみずくの教育ブログ

最新記事
ツイッター

PR
検索フォーム
ブログランキング
ブログランキングに参加しています!是非クリックをお願い致します!

タグクラウド

QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。