みみずく先生の妖怪博士見習い日記 TOP  >  スポンサー広告 >  ■記録  >  妖怪さんぽ >  妖怪さんぽ新宿ツアー参加報告レポート(1)~四谷見附 わかば・於岩稲荷・小泉八雲旧居跡

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

妖怪さんぽ新宿ツアー参加報告レポート(1)~四谷見附 わかば・於岩稲荷・小泉八雲旧居跡

5月24日、ぬらりひょん打田 さん主催の妖怪さんぽ新宿ツアーに参加してきた。


新宿ツアーに参加するのは2回目。前回は、昨年の4月末に開催された。そこで初めて打田さんと出会ったのだ(前回の記事は、こちらを参照→「開運妖怪さんぽ」四ツ谷、新宿ツアー参加報告レポート

打田さんのお人柄や行動力に憧れた僕は、その後、様々なイベントへ足を運んだ。おかげで人脈も広がり、三十路直前にようやく人生の楽しみを発見した。妖怪さんぽ新宿ツアーには、まさに開運の効果があったのだ!、


さて、今回の参加者は6名――打田さん、九十九屋さんた 師匠、スタジオマメズ の白河剣太狼さんとchami(ちゃみ)さん、わたさん、そして僕――今回も楽しい妖怪さんぽになりそうだ。


この日は貉や狐に化かされてコースを逆流することも無く、無事に最初の目的地へ到着した。といっても、そこは妖怪関連スポットではなく、美味しい鯛焼き屋さんだ。


たいやき わかば



たいやき わかば


わかばさんは、都内の「鯛焼き御三家」に数えられる老舗たいやき専門店だ。去年の春もここで鯛焼きを食べ、「鯛焼きってこんなに美味しいの!?」という感動を、ぎっしり詰まったあんこと一緒に味わった。


たいやき わかば


今回も熱々の鯛焼きを皆で購入した。それを頬張りながら、妖怪さんぽ一行は最初の妖怪スポットへと向かった。


住宅街を入っていくと、そこにあるのは――


於岩稲荷 陽運寺


於岩稲荷 陽運寺


縁結び・縁切りにご利益があるという陽運寺では、『東海道四谷怪談』に登場するお岩様をお祀りしている。境内には、お岩様ゆかりの井戸もあるのだ。


陽運寺・心願成院の石


陽運寺で楽しいのは、やはり「心願成院の石」だ。「叶玉」と呼ばれる玉を水の中に投げ入れて願掛けする。


3個の叶玉のうち、何個が水の中に入るかな?


僕もチャレンジしたところ、3個中2個を無事投げ入れることができた。今年は良いことがありそうだ(笑)


僕「打田さんのような立派な人になれますように!」
打田さん「そんなの入んねえよ(笑)」
僕「あっ、入った!」
打田さん「…………」


ちなみに、陽運寺のお狐様は独特で、雌雄がはっきり分かれている。さすが縁結びのお寺だ。


20140527_13


※右が雄で左が雌。その違いをしっかり観察しよう!(笑)


陽運寺の向かい側には、もう一つ於岩稲荷がある。


於岩稲荷 田宮神社


於岩稲荷 田宮神社


田宮神社は、かつて江戸幕府の御家人田宮家の屋敷社だった。その後、田宮於岩にあやかって於岩を合祀し於岩稲荷と称されるようになったそうだ。『東海道四谷怪談』の出演者が多く参拝する神社としても有名である。


田宮神社・ミニお札


田宮神社では、様々な「お言葉」が書かれたミニお札――打田さん曰く「トレーディングカード」(笑)――をもらえる。全種類の「お言葉」を集めたとき、その人には幸運が訪れることだろう。ちなみに、今回僕がいただいたお札には、「からだ健かに こころ康かに」と書かれていた。


於岩稲荷から次の妖怪スポットまでは少し距離がある。晴天の下、新宿の街中を歩く妖怪さんぽ一行。歩きながら参加者同士で交流するのも妖怪さんぽの魅力だ。


chamiさん「私、人見知りで友達が少ないんですよ」

僕「僕も人見知りで友達が少ないです。同じですね!」


僕「ディズニーランドって、カップルとかで行くもんなんじゃないんですか?」

わたさん「ディズニーランドは一人で行っても楽しめますよ」


なかなか会話が盛り上がっている(笑)


ワイワイ言いながら歩いていくと、次のスポットが見えてきた。そこは女子校(成女学園)だった。


小泉八雲旧居跡


女子校の敷地内にひっそりと佇む石碑――ここは小泉八雲旧居跡だ。

「ラフカディオ・ハーン」の名でも知られる小泉八雲は、『怪談』の作者として有名である。


怪談―小泉八雲怪奇短編集 (偕成社文庫)
怪談―小泉八雲怪奇短編集 (偕成社文庫) 小泉 八雲 平井 呈一

偕成社 1991-09
売り上げランキング : 132820


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

耳なし芳一や雪女、のっぺらぼう、首が飛ぶろくろ首等、僕達がイメージする妖怪のいくつかは『怪談』に由来する。小泉八雲は、妖怪と切っても切れない関係にあるのだ。そんな彼は、年下の女の子が好きだった。そのため、死後も女子校の一画で女学生を見守っている(笑)


僕「女子校の方も写真撮って良いんですかね?」

打田さん「通報されるよ(笑)」


小泉八雲旧居跡を後にした妖怪さんぽ一行は、次の妖怪スポットを目指して、新宿の中心街へと足を踏み入れるのだった。(続く)

スポンサーサイト
[ 2014年05月27日 13:00 ] カテゴリ:妖怪さんぽ | TB(0) | CM(2)
1. 優しい☆
みみずくさん、優しい!友達ゼロなのに(笑)まろやかな表現、ありがとうございます!ww
とても読みやすく、素敵なレポートですね。
[ 2014/05/27 13:26 ] [ 編集 ]
2. Re:優しい☆
>スタジオマメズ 妖怪芸術家さん

お褒めのお言葉、大変恐縮ですm(__)m

「友達ゼロ」だなんて、僕達もう友達じゃないですか~(←軽いノリでスミマセン)

妖怪さんぽの魅力が一人でも多くの人に伝わればいいなぁ、と思っています。
近いうちに、またレポートの続きを書きます☆
[ 2014/05/27 13:34 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

みみずく先生@妖怪博士見習い


管理人:みみずく先生@妖怪博士見習い

都内で家庭教師業を営むみみずく先生です。日ごろ、生徒さんや保護者様とお話ししながら、密かに妖怪文化の普及に努めています(笑)

現在、家庭教師業の傍ら、在宅ライターとしてのお仕事もしています。数社から継続して依頼を受けています。ライターとしての更なるスキル向上を目指し、不定期でこちらのブログも更新しています。

妖怪関係の記事や趣味の記事がメインですが、好きな人やお店等も紹介していくつもりです。エログロ・オカルト・アングラ・サブカル等、ちょっと過激な記事も紛れると思いますが、苦手な方はそういう記事を読み飛ばしてください。

ライターのお仕事を随時募集中です。ライターのお仕事に関するご相談は、以下のメールフォームからお願いします。

mailform


家庭教師関係の情報は、以下のブログをご覧になってください。

墨田区両国のプロ家庭教師みみずくの教育ブログ

最新記事
ツイッター

PR
検索フォーム
ブログランキング
ブログランキングに参加しています!是非クリックをお願い致します!

タグクラウド

QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。