みみずく先生の妖怪博士見習い日記 TOP  >  スポンサー広告 >  ■記録  >  その他のイベント >  エヴァンゲリオン展@横浜そごう美術館~膨大な数の画コンテや原画、動画等で迫るアニメ制作の舞台裏!エヴァファン・アニメファン必見!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

エヴァンゲリオン展@横浜そごう美術館~膨大な数の画コンテや原画、動画等で迫るアニメ制作の舞台裏!エヴァファン・アニメファン必見!

横浜のそごう美術館へ足を運んだ。以前から気になっていた展覧会が開催中だからだ。

エヴァンゲリオン展

エヴァンゲリオン展@横浜そごう美術館~膨大な数の画コンテや原画、動画等で迫るアニメ制作の舞台裏!エヴァファン・アニメファン必見!

「エヴァンゲリオン展」は、昨年8月、東京で開催されたのを皮切りに日本全国を巡業している。僕は昨年行きそびれたので、今年の夏、横浜へ観に行ったのだ。『新世紀エヴァンゲリオン』に対する思い入れは以前の記事で書いたので、今回は省略する。

エヴァンゲリオン展@横浜そごう美術館~膨大な数の画コンテや原画、動画等で迫るアニメ制作の舞台裏!エヴァファン・アニメファン必見!

エヴァンゲリオン展@横浜そごう美術館~膨大な数の画コンテや原画、動画等で迫るアニメ制作の舞台裏!エヴァファン・アニメファン必見!

会場に入ってまず驚かされるのが、膨大な数の展示品だ。貞本義行氏が描いた漫画原稿やアニメシリーズのセル画を始め、画コンテ、レイアウト、原画等、アニメ制作で使用された資料が一挙に公開されている。

服装によって描き分けられているシンジやレイ、アスカといったキャラクター達。使徒達の設定資料。CGのもととなる手書き原稿。ミニチュア模型から起こしたという、街を俯瞰した風景画。いずれも普通は観られない貴重な資料ばかりだ。

展示の目玉は、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』のワンシーンからその舞台裏に迫るという第2章だ。3体のエヴァと第8使徒との息を呑む戦闘シーン――時間にすれば10分程度だが、その短い映像のために用意された約1000点の資料は圧巻だった。使徒の本体がニュッと現れて初号機の腕を摑む場面や使徒の羽(?)で金属的な何かが踊る場面、コアを破壊され崩壊していく使徒の姿――その一つ一つをじっくり鑑賞した。

来場者は、小中学生から高齢者まで、幅広い年齢層だった。『エヴァンゲリオン』は、世代を超えて愛されているのだ。また、アニメ制作の裏側を見られるので、エヴァファンでなくとも、クリエイティブな仕事に興味がある人なら絶対に楽しめる展示内容となっている。

人は多かったが、会場のそごう美術館は広くて混雑にならない。落ち着いた雰囲気の中、自分のペースで展示物を観て回れるのが魅力だ。夏の思い出づくりに、「エヴァンゲリオン展」へ足を運んでみてはいかがだろうか?(了)
スポンサーサイト
[ 2014年08月16日 11:00 ] カテゴリ:その他のイベント | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

みみずく先生@妖怪博士見習い


管理人:みみずく先生@妖怪博士見習い

都内で家庭教師業を営むみみずく先生です。日ごろ、生徒さんや保護者様とお話ししながら、密かに妖怪文化の普及に努めています(笑)

現在、家庭教師業の傍ら、在宅ライターとしてのお仕事もしています。数社から継続して依頼を受けています。ライターとしての更なるスキル向上を目指し、不定期でこちらのブログも更新しています。

妖怪関係の記事や趣味の記事がメインですが、好きな人やお店等も紹介していくつもりです。エログロ・オカルト・アングラ・サブカル等、ちょっと過激な記事も紛れると思いますが、苦手な方はそういう記事を読み飛ばしてください。

ライターのお仕事を随時募集中です。ライターのお仕事に関するご相談は、以下のメールフォームからお願いします。

mailform


家庭教師関係の情報は、以下のブログをご覧になってください。

墨田区両国のプロ家庭教師みみずくの教育ブログ

最新記事
ツイッター

PR
検索フォーム
ブログランキング
ブログランキングに参加しています!是非クリックをお願い致します!

タグクラウド

QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。