みみずく先生の妖怪博士見習い日記 TOP  >  スポンサー広告 >  ■記録  >  妖怪イベント >  妖怪百声物語~第五夜~@中野Vスタジオ~新人声優を中心とした朗読劇で妖怪の世界を堪能する!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

妖怪百声物語~第五夜~@中野Vスタジオ~新人声優を中心とした朗読劇で妖怪の世界を堪能する!

8月23日、『妖怪百声物語~第五夜~』の昼公演へ足を運んだ。

『妖怪百声物語』は、「妖怪」をテーマにした朗読劇だ。新人声優さんが中心となって妖怪の世界を演出する新感覚のエンターテイメントである。主催はぬらりひょん打田さん。

妖怪百声物語~第五夜~

会場の中野Vスタジオは、開演10分前で既に観客でいっぱいだった。チケットが予約で完売しただけのことはある。

妖怪百声物語~第五夜~@中野Vスタジオ~新人声優の熱演で妖怪の世界を堪能できる朗読劇~

さて、今回のプログラムは次の通り。

1.袖引小僧
2.狂恋蛇女優
3.燃えろ! いい女妖怪
4.市村座奈落燈(いちむらざならくのともしび)
5.鬼童丸奇譚

5作品で約60分。最後にぬらりひょん打田さんによる妖怪解説コーナーが加わり、全体として約90分の上演だ。

『妖怪百声物語』は、怪談ショーとは異なり、怖いだけの朗読劇ではない。古典的名作から現代小説までを題材に、様々な妖怪が登場する。背筋の寒くなるような話から、思わずクスッと笑ってしまう話まで、バラエティーに富んだ楽しさがある。今回も、ぬらりひょん打田さんを始めとした役者さん達の語りに、僕はじっと耳を傾けてきた。

「袖引小僧」は、男と女の関係を描いた恋愛話だ。妖怪の袖引小僧が男女の間に入ってイタズラ(?)をするのだ。袖引小僧は袖を引くだけではない!?

「狂恋蛇女優」は、「蛇女優」として名を馳せた毛利郁子の物語だ。男女のもつれが悲劇を生むとき、人間を狂気に陥れる妖怪が姿を現す。背筋に冷たいものが走るホラーテイストの作品だった。

「燃えろ! いい女妖怪」では、「狂恋蛇女優」の重苦しい雰囲気から一転して、ユーモラスなドタバタコメディを見せてくれた。一つ目小僧にふられた二口女が、最強の「いい女妖怪」をめざして奮闘する。その姿が可愛らしくて面白いのだ。観客席から、何度もクスクス笑いが起こった。

「市村座奈落燈」では、死神に魅入られた役者・瀬川半蔵の数奇な運命を描く。奈落の底で半蔵が見たものは、彼の人生を大きく変えていくのだった。夢を追い求める者ならゾッとする話だ。

「鬼童丸奇譚」は、妖怪を憎む有希也と彼に仕えることになった妖怪・鬼猿、有希也に思いを寄せる凪子とが織りなす物語だ。手に汗握る展開に何度もハラハラさせられた。最後のどんでん返しには「おお~」と唸ってしまった(笑)

どの話にも個性的な妖怪が登場し、そうした妖怪達を役者さんが生き生きとした語りで表現する朗読劇だった。今回は照明や音響も充実していて、視覚的・聴覚的な効果と相俟って、とても迫力のある演出となっていた。朗読の世界と僕の想像力とが一致したとき、僕の魂は妖怪達のひしめく異世界へと旅立ったのだ。とても心地よい体験だった。

ただ一つだけ残念に思ったこと――それは、「もっと朗読を聴きたいのに!」というところで終わってしまうことだ。楽しい時間はあっという間に過ぎてしまう。観客としての僕は、この楽しい時間がもっと長く続けば良いのに、と思ってしまう。そんなふうに思うのは贅沢というものか?(笑)

回を重ねるごとに進化する『妖怪百声物語』――今後の飛躍がとても楽しみだ。(了)
スポンサーサイト
[ 2014年08月27日 07:00 ] カテゴリ:妖怪イベント | TB(-) | CM(2)
妖怪の朗読劇と聞くと、怖いものという先入観がありましたが…
こんなバラエティに富んだ内容だったのですね(笑)
でも面白さを求める落語でも怖い話ってありますからね。
もしや、こういう緩急が聴く人を飽きさせないコツなのかも。

特に気になったのが『燃えろ!いい女妖怪』。
なんと興味をそそられるタイトルだろう。
一つ目小僧にフラれた二口女!ややこしい(笑)!

怖いばかりが妖怪じゃない!
そんな妖怪の本質を知ることが、
この朗読会の目的なのかもしれませんね。
[ 2014/08/29 23:28 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
「『怖いだけではない』妖怪の世界」がテーマなので、
バラエティ豊かなお話を聞ける楽しみがありますね。
妖怪の語られ方を楽しむにはピッタリな朗読劇です!

『燃えろ!いい女妖怪』は、僕も笑っちゃいました。
舐め女や雪女等の美女妖怪を倒していく二口女が、
とても可愛らしく魅力的に語られるんですよ~
二口女を彼女にしたくなりました(笑)

日本の妖怪は怖い面もユーモラスな面も備えています。
それらをしっかり堪能できる朗読劇でした♪
[ 2014/08/30 21:24 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

みみずく先生@妖怪博士見習い


管理人:みみずく先生@妖怪博士見習い

都内で家庭教師業を営むみみずく先生です。日ごろ、生徒さんや保護者様とお話ししながら、密かに妖怪文化の普及に努めています(笑)

現在、家庭教師業の傍ら、在宅ライターとしてのお仕事もしています。数社から継続して依頼を受けています。ライターとしての更なるスキル向上を目指し、不定期でこちらのブログも更新しています。

妖怪関係の記事や趣味の記事がメインですが、好きな人やお店等も紹介していくつもりです。エログロ・オカルト・アングラ・サブカル等、ちょっと過激な記事も紛れると思いますが、苦手な方はそういう記事を読み飛ばしてください。

ライターのお仕事を随時募集中です。ライターのお仕事に関するご相談は、以下のメールフォームからお願いします。

mailform


家庭教師関係の情報は、以下のブログをご覧になってください。

墨田区両国のプロ家庭教師みみずくの教育ブログ

最新記事
ツイッター

PR
検索フォーム
ブログランキング
ブログランキングに参加しています!是非クリックをお願い致します!

タグクラウド

QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。