みみずく先生の妖怪博士見習い日記 TOP  >  スポンサー広告 >  ■記録  >  その他のイベント >  嬌艶ーKYOUENー Modern JAPONESQUE FESTIVAL@新宿アートコンプレックスセンター~アートとエンターテイメントで彩るモダンジャポネスクの祭典~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

嬌艶ーKYOUENー Modern JAPONESQUE FESTIVAL@新宿アートコンプレックスセンター~アートとエンターテイメントで彩るモダンジャポネスクの祭典~

10月18・19日、新宿のアートコンプレックスセンターで、とても興味深いイベントが開催された。

嬌艶ーKYOUENー Modern JAPONESQUE FESTIVAL

嬌艶ーKYOUENー Modern JAPONESQUE FESTIVAL@新宿アートコンプレックスセンター~アートとエンターテイメントで彩るモダンジャポネスクの祭典~

嬌艶ーKYOUENー Modern JAPONESQUE FESTIVAL@新宿アートコンプレックスセンター~アートとエンターテイメントで彩るモダンジャポネスクの祭典~

「嬌艶」は、「和(日本文化)」をテーマにしたイベントだ。「和」というと、着物の品評会や伝統芸能の展示のように、古臭くて堅苦しいイメージを抱く方も多いだろう。しかし、「嬌艶」は、和の世界と異文化との融合を目指したイベントで、古臭さや堅苦しさとは無縁だった。むしろ、「そんな表現があるの!?」という驚きが沢山あった。

嬌艶ーKYOUENー Modern JAPONESQUE FESTIVAL@新宿アートコンプレックスセンター~アートとエンターテイメントで彩るモダンジャポネスクの祭典~

会場内の至る所に、着物を着た方がいらっしゃり、和柄の作品が展示されていた。そこから感じたのは、伝統的な美と斬新な発想とを融合させ、より高度なアートを目指す、というアーティストさん達の熱い思いだった。既存の日本文化を紹介して終わりではなく、和を土台としつつも他の文化を取り入れ、来場者に新たな世界観を提示しようという試みなのだ。

嬌艶ーKYOUENー Modern JAPONESQUE FESTIVAL@新宿アートコンプレックスセンター~アートとエンターテイメントで彩るモダンジャポネスクの祭典~

こちらは、林檎星さんが制作された仮面達だ。西洋のイメージが強い仮面と和柄がこれほど相性が良いとは……仮面の新たな可能性だ。一つ一つの作品に名前が付けられており、林檎星さんの作品に対する愛情を感じた。

嬌艶ーKYOUENー Modern JAPONESQUE FESTIVAL@新宿アートコンプレックスセンター~アートとエンターテイメントで彩るモダンジャポネスクの祭典~

こちらは、「嬌艶 和ハーブカクテル」の販売ブースだ。「和ハーブ×カクテル」のコラボに心惹かれる。

嬌艶ーKYOUENー Modern JAPONESQUE FESTIVAL@新宿アートコンプレックスセンター~アートとエンターテイメントで彩るモダンジャポネスクの祭典~

この日、僕は二日酔い気味だったのだが、売り子さんの「迎え酒ですね」という言葉に励まされ、「阿古屋」をいただくことにした。「阿古屋」は、3種のフルーツに浸け込んだ純米酒のサングリアに、菊の花びらが浮いている。柑橘系の味と日本酒の味が混ざり合い、口の中に優しい風味が広がった。 二日酔いが吹っ飛ぶくらい美味しかった。

会場内には、ユニークな方もいらっしゃった。

嬌艶ーKYOUENー Modern JAPONESQUE FESTIVAL@新宿アートコンプレックスセンター~アートとエンターテイメントで彩るモダンジャポネスクの祭典~

こちらの笑顔がキュートなお方はマッPくんだ。彼は、「てんちょうの家に居候(?)している宇宙人らしき地球外生命体?」(ツイッターのプロフィールより)だ。今回、初の着物姿で「嬌艶」へ遊びに来てくださった。

他にも様々な出会いがあった。中でも、いぐちまなぶ先生との再会が嬉しかった。まなぶ先生は、スタッフとして「嬌艶」の運営に携わっていらっしゃった。
「(『嬌艶』は)伝統的な分野の人からは怒られるかもしれないけどね……」そうおっしゃるまなぶ先生は、しかし、「嬌艶」のその型破りな(?)部分をとても大切になさっている。日本文化を表現する方法は、伝統的な形式に則るだけが全てではないのだ。実際、まなぶ先生も、髪飾りをブローチのように胸に付けたり、襦袢をスカートのように腰に巻いたり……とオリジナリティ溢れるスタイルだった。

――そういう自己表現の方法もあるんだな……

感心した僕は、まなぶ先生が付けていらっしゃったのと同じ髪飾りを購入した。

嬌艶ーKYOUENー Modern JAPONESQUE FESTIVAL@新宿アートコンプレックスセンター~アートとエンターテイメントで彩るモダンジャポネスクの祭典~

――この綺麗な髪飾りをどこに付けようか?

そんなことを考えるのも楽しいものだ。

まなぶ先生のご紹介で、アーティストの照紗さんともお会いできた。照紗さんが描く女性は、妖艶で、男心をくすぐる雰囲気を醸し出している。照紗さんは、怪獣ソフビのキブナドンの生みの親でもある。絵だけでなくソフビの世界でもご活躍中なのだ。照紗さんとは、これからも様々なイベントでお会いすることになりそうだ。ご縁を作ってくださったまなぶ先生に感謝!!

「嬌艶」は、アートの鑑賞や人との交流を楽しめるイベントだ。日本文化発信の場としても、今後の展開が非常に楽しみだ。第2回の開催に期待したい。(了)
スポンサーサイト
[ 2014年10月21日 13:00 ] カテゴリ:その他のイベント | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

みみずく先生@妖怪博士見習い


管理人:みみずく先生@妖怪博士見習い

都内で家庭教師業を営むみみずく先生です。日ごろ、生徒さんや保護者様とお話ししながら、密かに妖怪文化の普及に努めています(笑)

現在、家庭教師業の傍ら、在宅ライターとしてのお仕事もしています。数社から継続して依頼を受けています。ライターとしての更なるスキル向上を目指し、不定期でこちらのブログも更新しています。

妖怪関係の記事や趣味の記事がメインですが、好きな人やお店等も紹介していくつもりです。エログロ・オカルト・アングラ・サブカル等、ちょっと過激な記事も紛れると思いますが、苦手な方はそういう記事を読み飛ばしてください。

ライターのお仕事を随時募集中です。ライターのお仕事に関するご相談は、以下のメールフォームからお願いします。

mailform


家庭教師関係の情報は、以下のブログをご覧になってください。

墨田区両国のプロ家庭教師みみずくの教育ブログ

最新記事
ツイッター

PR
検索フォーム
ブログランキング
ブログランキングに参加しています!是非クリックをお願い致します!

タグクラウド

QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。